店のトイレに行ったきり、戻らない小1の娘 父が目にした光景に言葉を失う

子供を狙った犯罪が多すぎる…「まさかこんなところで?」と、衝撃が広がっている

オトナ

2018/05/18 14:00

 

■「過保護と言われても!」子供の防犯について問う声

また、子供が犯罪に巻き込まれる事件が相次いでいることから、子供の防犯対策について問うコメントもあがっている。

・家族がいるって分かってるはずなのにトイレで犯行するとは…女の子は本当に可哀想だけど父親も犯行見て辛いし、一生これはきついな…。女の子も男の子も親がトイレまでついて行かないとな…


・もうダメだ。あんまりにも幼女、子供を狙った犯行が多すぎる。子供を守れるのは親しかいない。過保護と言われようがなんだろうが、子供を見守ろう


・子供を狙った性犯罪はトイレで起きやすいと聞いた。うちの娘も小1になったけど、ひとりで行けるとは分かってはいるものの何があるか分からないから、一緒に行くようにしてる


たとえ施設内のトイレとはいえ、男児も女児も関係なく、「防犯上、子供のトイレには親が付き添うべき」という意見が相次ぐ。


関連記事:「第2のクロちゃん」「クズすぎる」 モノマネ芸人界「パクリ常習犯」に批判殺到

 

■「中学生以下の異性に性的興奮」する人の割合は…

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,365名を対象に「中学生以下の異性に性的興奮を感じる人」の割合について調査を実施したところ、そういった趣味のある人は一定数存在することが判明。

ロリコン1

もっとも高い割合を占めたのは、30代男性。およそ10人に1人という結果となった。

親の目から離れたほんの少しの隙を狙って行われた、あまりのも卑劣で、衝撃的な犯行。被害者の女児とその家族のことを思うと、いたたまれない。

・合わせて読みたい→『ZIP』岡田結実のスカートがはだけて… 「朝からヤバイ」「ありがとう」

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20~60代の男女1365名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ