藤井聡太七段も好きな食べ方 カレーと生たまごに「気持ち悪い」との声も

「気持ち悪い」、「ありえない」と批判的な意見もあるが…。

グルメ

2018/05/19 10:00

(paylessimages/iStock/Thinkstock)

将棋の藤井聡太七段が以前、対局中にオーダーしたのがカツカレーと生たまご。1,000円の価格が中学生には高価だとの批判もあったが、カレーと生たまごがミスマッチだとも声が上がった。

はたしてカレーに生たまごを入れる人は、どれほどいるのだろうか。


画像をもっと見る

 

■カレーに生たまごは少数派

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「カレーについて」の調査を実施。

カレーに生たまご円グラフ

「カレーに生たまごを入れるほうだ」と答えた人は、全体で12.5%と少なめの割合に。藤井六段は、少数派に入るのだ。

「カレーに生たまご入れる人なんて、見たことがない。味も想像がつかないし…」(20代・女性)


「うちのじいさんがするから、年寄りの食べ方ってイメージがある。藤井六段はあれだけ落ち着いているから、食の好みも渋いのかも」(20代・男性)


関連記事:「第2のクロちゃん」「クズすぎる」 モノマネ芸人界「パクリ常習犯」に批判殺到

 

■生たまごはありえない派の意見

生たまごを入れない派からは、理解不能だとの声が。

「うちは父親が生たまごを入れるんだけど、なにがいいのかわからない。カレーは生ぬるくなるし、味も薄くなる。カレーの美味しさを、台無しにしている感じがする」(20代・男性)


「ゆで卵ならまだわかる。生たまごは考えられない。気持ち悪い感じがするので、食べ物としてありえない」(30代・女性)


■関西ではカレーに生たまごが定番

都道府県別で見ると、東京よりも大阪のほうが多い割合になっている。

カレーに生たまご都道府県別グラフ

大阪にある名店「自由軒」のカレーは、ごはんとルーを混ぜ合わせたものに生たまごが乗っている独特なもの。大阪で生たまごが定番になったのは、「自由軒」の影響が大きいのだろう。

「昔からそうやって食べてきたから、おかしいと思わない。辛さがマイルドになるので、子供にも食べやすくなる。


たまごかけごはんが好きな人なら、カレーに生たまごもいけると思うんだけど…」(40代・男性)


結婚をして、食文化の違いに気づくことも。

「夫が大阪の人で、カレーを作ったときに生たまごが欲しいと言い出して驚いた。関西圏では、普通みたい…」(30代・女性)


一度生たまごを入れてみたら、やみつきになるかも…。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)