しらべぇ

ファミコンミニのジャンプ版が発売!  ファミコン時代の「裏技」を一挙公開

ミニファミコンのジャンプ版の裏技!

エンタメ

こんにちは、元アイドルでコラムニストの小川満鈴(おがわみな)です。

2016年に発売され、大人気となり、2018年現在でも品薄が続いているミニファミコンこと、ニンテンドークラシックミニですが、なんと、クラシックミニの新バージョンが発売されることが発表されました。

その中身は、「週刊少年ジャンプに過去連載されていて、ファミコン化された作品のみが収録」という、予想の斜め上を行くもの。

 

■気になる収録タイトルは…

ゲーム化されるにはまず人気漫画であるのが一つの条件になります。今回収録されるゲームの数々は誰もが一度は聞いたことのある作品ばかりが並んでいます。

しかし、漫画の面白さとゲームの面白さは正直別物昭和のグッズに興味がある私は今回収録の作品のほとんどをプレイしたことがありますが、まあ正直、結構な確率でいわゆる「クソゲー」が含まれている感はあります

とはいえ、こういう記念碑的な商品はコレクターズアイテムとしての要素がありますのでそれでもきっと大きなセールスを上げるのは間違いありません。

 

■有名漫画のゲームがずらり

以下、収録タイトル一覧になります。

『暗黒神話 ヤマトタケル伝説』

『キャプテン翼』『キャプテン翼II スーパーストライカー』

『キン肉マン マッスルタッグマッチ』『キン肉マン キン肉星王位争奪戦』

『魁!!男塾 疾風一号生』

『聖闘士星矢黄金伝説』『聖闘士星矢 黄金伝説 完結編』

『赤龍王』

『天地を喰らう』

ドラゴンクエスト』

『ドラゴンボール 神龍の謎』『ドラゴンボール3 悟空伝』『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人』

『ファミコンジャンプ 英雄列伝』『ファミコンジャンプII 最強の7人』

『北斗の拳』『北斗の拳3 新世紀創造 凄拳列伝』

『まじかるタルートくんFANTASTIC WORLD!!』

ろくでなしBLUES』

 

 

■裏技が知りたいんだ

私は当時のファミコンブームを世代的に経験していませんが、昔のゲーム雑誌を読むとファミコンと裏技はセットのように人気でした

そこで、クラシックミニ 、ジャンプ版に収録されるタイトルの中から、使える面白い裏技をいくつか掲載していきます。

なお、以下に紹介する裏技は元祖ファミコンでのものであり、クラシックミニバージョンで使えるかは分かりません。

 

①キン肉マン マッスルタッグマッチ

タイトル画面で1人プレイを選択キャラの選択画面で1コントローラーのBボタン、2コントローラーのAボタン、Bボタンを押しながら2コンの上ボタンを押すすると、「SELECT」の文字の下に「2」と出ます。

それはラウンド数となっています。この数字はボタンを押したまま、2コントローラーの上下で変えることができますので、いきなり200面くらいから始めることも可能です。

 

ドラゴンクエスト

ドラクエの最期のボスは「竜王」ですが、中ボス的な存在として「ドラゴン」がいます。このドラゴンを倒すとローラ姫を助け出すことができるのですが、姫を抱っこしたまま直接お城へは帰らず、宿に泊まると

宿の主人が「ゆうべはおたのしみでしたね」と、なかなか意味深な発言をします。果たして何があったのか(笑)

 

③ドラゴンボール 神龍の謎

アイテムの「パンツ」を7枚取得してから、「筋斗雲」に乗ります。すると、後方からアラレちゃんが猛スピードで悟空を追い抜いて行きます。これぞ、ジャンプのスター夢の共演といった裏技かもしれません。

 

■クソゲーでも人は楽しめるのか

しらべぇ編集部が2060代のスーファミプレイヤーの男女733名に「クソゲーにブチ切れた経験」について調査したところ、1割がブチギレたと回答しています。

クソゲーというのはゲームの完成度、もしくは他のゲームと比べてしまうとどうしても「粗」が見えてしまうものですが、「それはそれ」「これはこれ」というスタンスでプレイすると新しい楽しみ方が出てきます。

今回のクラシックミニ・ジャンプ版はそれに近いかもしれませんね。

・合わせて読みたい→任天堂『ミニスーファミ』がスゴすぎる 「クソゲー出せ!」と愛を語るファンも

(文/しらべぇ編集部・小川 満鈴(おがわん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代のスーパーファミコンプレー経験者733名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu