テレビでの限界企画「体毛ぜんぶ抜く」にクロちゃん困惑 「頭おかしい」

『有吉弘行のダレトク!?』で安田大サーカス・クロちゃんを全身脱毛。有吉弘行、藤田ニコルらも脱毛風景に爆笑した…

エンタメ

2018/05/23 07:30

有吉弘行,高橋真麻
(画像はフジテレビ公式Twitterのスクリーンショット)

特定外来生物の捕獲・駆除といった分野にも貢献する、テレビ東京の人気番組『池の水をぜんぶ抜く』。

22日放送『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)では、この人気番組にあやかり『体の毛をぜんぶ抜く大作戦』を企画。全身毛むくじゃらの安田大サーカス・クロちゃん(41)を脱毛し、大きな話題となっている。


 

■ブラジリアンワックスで脱毛

クロちゃん

クロちゃんが挑戦するのはブラジリアンワックス。約40度のソフトワックスを塗布、専用のテープを貼りつけ一気に引き抜く脱毛方法だ。

眉毛やまつげ以外の全身を脱毛する今回の企画に、はじめは乗り気でなかったクロちゃんだが、施術してくれるのが美しい女性と知ると様子が一変。前向きに企画に参加することに。

痛みの少ない胸から脱毛はスタートしたが、それでも、あまりの痛さに悶絶するクロちゃん。

脱毛後の肌に触れると「手触りが全然違う」と満足気。「(毛がなくなって)乳首がデカいのがわかる」と感想を口にするも、有吉弘行(43)からは「それは反応しているから」と鋭いツッコミが飛んだ。


関連記事:「第2のクロちゃん」「クズすぎる」 モノマネ芸人界「パクリ常習犯」に批判殺到

 

■股間の施術に興奮

その後は2人掛かりで施術。腹部、腕、足だけでなく鼻毛や耳毛まで脱毛し、クロちゃんの特徴的な背中に進む。背中はさらに痛みが強いらしく「ストップ」「触るなホント」とキレる場面も。

その後、ついに股間部分、V・I・Oの脱毛がはじまった。

下着を脱ぎ「こんなのテレビでやる? 『ダレトク』頭おかしくなってない?」と愚痴りながらうつぶせになるクロちゃんの、肛門周り・Oラインを丁寧に洗い施術。クロちゃんは「そんな奥まで? 親にもされたことない」とニヤける。

Vラインでは股間を洗われ、「ガンガン触ってくるじゃん」「もう触らないんですか」と興奮が止まらない。しかし施術が開始するとあまりの痛みに悶絶、痛みから「小さくなっている」と指摘され照れ笑いし、全身脱毛は終了した。

次ページ
■施術は6時間がかり

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ