内田前監督、悪質タックルは「ネットで見た」 言い訳会見に呆れの声が続出

日大の宮川泰介の悪質タックルを指示したかについて、内田正人前監督、井上奨コーチが緊急記者会見を行った。

©AbemaTV

しらべぇ既報のとおり、6日に行われた学生アメリカンフットボール試合で、日本大学の宮川泰介選手が関西学院大学の選手へ悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大は23日、都内で内田正人前監督(62)、井上奨コーチ(30)が緊急会見を行った。


 

■タックルは「ネットで見た」

会見の中で、内田前監督は宮川選手の反則タックルの現場について、ボールを追っていたため直接見ていなかったと説明。ネットの反応によってその事実を知ったとし、動画を確認して「これ本当なのかな」「なんで?」と思ったという。

その後についても「最後の没収となったラフプレーは見た」としたものの、肝心の反則プレイについては「ビデオを見るまでどの程度の反則かわからなかった。ラフプレーで資格、没収だと分かった。それ以外が抜け落ちていたのが正直なところ」とコメントした。

また、内田前監督は「選手を守らなきゃいかんというのが僕の気持ち」「責任を押し付けることは毛頭ございません」としながらも、22日に宮川選手が会見を開いた際、同席しなかったことについては「出てくれということは言われてないので」と語った。


 

■「指導者失格だろ」「嘘つき」と批判殺到

問題となった悪質タックルの現場を見ていなかったという発言に、ネット上では「嘘つけ」「ありえない」と怒りの声が相次いでいる。

また、仮にこの発言が真実だとしても「監督として失格」「プレイを見ていないのはどうなのか」という指摘も。


■「言い訳がましい」「呆れる」

「ネットで見た」発言や、反則を把握していないという監督としてあるまじき姿に、「言い訳がましい」「保身で話している」と批判の声も。

https://twitter.com/xBqwz/status/999261363364028416


22日の宮川選手と打って変わって、批判の声が相次いだ今回の会見。「プレイを見ていない」「抜け落ちていた」と言われてしまえば証明しようがない話ではある。「宮川選手を守りたい」としながらも、終始言い訳のように映っていたというのが多くの人たちの感想ではないだろうか。

・合わせて読みたい→日大アメフト前監督ら「指示はなかった」立件見送り 「胸クソ悪い」と批判相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ