マツコ・有吉が議論 セカンドライフに昼呑み…なぜ男は蕎麦屋に憧れる?

『マツコ&有吉 かりそめ天国』で「蕎麦屋に憧れる」男性の気持ちをマツコ・デラックス、有吉弘行が熱弁!

ライフ

2018/05/24 10:00


 

■視聴者の感想は…

著名人の中にも「蕎麦打ち」が趣味と公言する男性は多い。

また、リタイアした方々のセカンドライフを紹介する、同局の人気番組『人生の楽園』において、蕎麦屋は43回登場。農家やレストラン、カフェには及ばないものの5番目の登場回数であり、その人気の高さがうかがえる。

「なぜかわからないけど蕎麦屋に憧れる」男性の気持ちを解明しようとした2人。視聴者も思うところがあったようだ。

https://twitter.com/shinobuekyousei/status/999296166201245696


関連記事:『めざましテレビ』裏方の音声が筒抜けに? 「あいつ!」と呼ばれていたのは…

 

■約4割が「そば派」

しらべぇ編集部で以前、全国20〜60代の男女1,500名を対象に調査したところ、全体では約4割が「そば派」という結果となった。ちなみに、男女別で見ると男性は44.0%、女性は30.5%と男性の方が蕎麦好きと判明している。

グラフ_1

「蕎麦を嗜む」のは粋な大人の代名詞として挙げられがちだ。女性より男性に蕎麦好きが多いのも、大人の男への憧れもあるのかもしれない。

・合わせて読みたい→店のトイレに行ったきり、戻らない小1の娘 父が目にした光景に言葉を失う

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年1月16日~2015年1月18日
対象:全国20代~60代男女計1,500名