しらべぇ

千鳥・大悟、畠山愛理にブチギレ 「ワシの横におった女の身になれよ!」

『イッテンモノ』で千鳥・大悟、平成ノブシコブシ・吉村崇、徳井健太、サンドウィッチマンらが元新体操日本代表・畠山愛理と激突!

エンタメ

23日深夜放送『イッテンモノ』(テレビ朝日系)に元新体操日本代表、現在はスポーツキャスターとして活躍する畠山愛理(23)が登場。

千鳥・大悟(38)、平成ノブシコブシ、サンドウィッチマンらからのきわどい質問に困惑しながら、負けん気の強さをのぞかせ視聴者を大いに盛り上げた。

 

■畠山VS芸人

新体操に人生を捧げてきた畠山は「ほかの競技への知識や一般常識がない」と嘆く。

スポーツキャスターでありながら野球のストライクやヒットも知らず勉強中だと明かすと、ノブコブ・吉村崇(37)からは「やめちまえ!」と罵声が飛ぶ。

ノブコブ・徳井健太(37)が「発言すると反感を買うかもしれないから、あえて勉強しない」とアドバイスするも「私が理解して競技を見たいだけ」と畠山は反論。

「わからなくても何か言えば可愛さがでる」と大悟が口にしたが「可愛さは求めてない」と即否定。大悟も思わず「気ぃ強えなあ、あの女」とつぶやき、現場がピリついた雰囲気に。

 

■ヒートアップする大悟

島育ちの大悟だが、最近は東京にも慣れてきたと前置きし「今度一緒に飲みに行こうや」と畠山を誘いはじめる。

畠山は「行かない。さっきも可愛いとか求めてないのに…」と不満顔。「こういう女がひれ伏すのが一番好き」と大悟が性癖をのぞかせると、ますます苦い顔に。

普通の恋愛を経験していない、お酒が飲めないと畠山が吐露すると、サンドウィッチマン・伊達みきお(43)は「ハプニングバーとか行ってない?」、大悟は「パチンコのペアシートは?」とあり得ないだろうデート経験を尋ねだす。

畠山は困惑しながら「良い経験をされていない」とチクリ。ヒートアップする大悟は「こっちが好きなやつもおる。ワシの横に座っとった女の身になれよ」と地団駄を踏んだ。

 

■デートやコンパに言及

門限があり、食事会で日を跨いだことも1度しかなかったという畠山。

デート経験の話になると伊達は登山での初デートを告白、「山頂でベロチューですよ」と下ネタを交えると畠山は苦笑い。富澤たけし(44)は「全員嫌われるぞ」と過激になるトーク展開を危惧する一幕も。

合コンをしたことがない畠山から「女性の落とし方」を聞かれた吉村は「最終的には土下座」と断言。畠山は「チャラい」と軽蔑するがここで自身を「野良コメンテーター」と名乗る徳井に火がつく。

「これが現実、一般の人たちは下心を隠してコンパしてる。その空気に飲まれていく娘が多い。そういう場では畠山さんが浮いちゃうから、コンパなんか行かなくていい」と持論を展開した。

 

■下ネタとセクハラには賛否

切れ味鋭い下ネタと畠山へのセクハラに賛否が起こっていたが、それらを楽しんだ視聴者が多かったようだ。

 

■ノブコブ・徳井に賞賛集まる

特に近年はコメンテーターキャラでブレイクの兆しをみせ、この日も正論を振りかざし畠山への助言を熱弁した徳井には賞賛の声が溢れていた。

 

■初デートで行きたくない1位は「牛丼屋」

しらべぇ編集部で全国20~40代の女性406名を対象に、「初デートで絶対に行きたくない店」について複数回答で調査を実施。1位は17.2%で「牛丼屋」だと判明した。番組中、牛丼屋でのデートに関して前向きだった畠山は少数派と言えるだろう。

セクハラに近い発言で盛り上がる芸人と、嫌がりながらも付き合ってくれた畠山。スポーツで培った根性と負けん気は、これからの活躍を期待させるものだった。

・合わせて読みたい→千鳥ノブ、浅田舞への不倫願望バレる 「女性として好き」本音漏らす

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~40代の女性406名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu