しらべぇ

日大アメフト部員を心配するとんかつ店『とんかつ山路』が良心的すぎて心配になるレベル

ここの店主が監督になってほしいぐらい! 日大アメフト部員を心配するとんかつ店

グルメ

“殺人タックル”問題で揺れる日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)が、23日夜に緊急記者会見を行なった。

会見で保身と思われる発言を繰り返すコーチと監督に、インターネット上では多くのネットユーザーが汚い大人だと怒りの声をあげているが、そんな中、部員を心配する1人の大人が話題になっている。

 

■部員を心配するとんかつ店の店主

それは、日本大学文理学部からもほど近くにある桜上水駅前のとんかつ店『とんかつ山路』の店主だ。

店主はこの騒動の発端を監督の指示だと考えており、テレビの取材にもそのように部員に聞いたことを告白。心から部員のことを心配しているようすを見せていた。

 

■メニューはどれもリーズナブル

事情通ともとれる店主が経営するとんかつ店、いったいどんな店なのか? 気になったので、さっそく店で食事をすることにした。

店の前に置かれた看板を見ると、ランチはサービスでチキンカツ定食が通常680円のところ580円になるようだ。この金額なら大学生でも通いやすい。

ほかのメニューもリーズナブルなものばかりで、腹ペコの体育会系の学生が喜びそうなラインナップ。また、ゆで豚や鶏などのヘルシーメニューがあるところもニクい。

 

■壁にはサインやグッズがいっぱい

店内にはキヤノンイーグルスやリコーブラックラムズなど、日本のラグビーチーム選手からのサインが大量に貼ってある。

ほかにもスポーツ選手からの色紙やユニフォームまでさまざまなグッズが貼りつくされており、とんかつ山路が多くのスポーツ選手に愛されている人気店ということがひと目でわかるほどだ。

 

■ボリューム満点の定食は激ウマ

そんな多くのスポーツ選手が食べてきたと思われる、サービスランチのB(580円)は、大盛りのごはんに漬物とみそ汁、キャベツとマカロニに茹で鶏、チキンカツがのったボリューム満点のもの。

カラっと揚げられたチキンカツに甘めのソースをかけて食べたら、もうハシが止まらない! よくファミレスで出てくるライスの3倍はあろうかという大盛りごはんをペロッと平らげてしまった。

 

■店主の愛を感じる優良店

経営が大丈夫か心配になるぐらい安くて美味しくてボリューム満点の定食だったが、これも腹ペコの大学生にお腹いっぱいウマいものを安く食べさせてあげたいという、店主の愛があるからこそなせることだろう。

実際にしらべぇ取材班が訪れたときも、近くで働く人や学生と思われる人たちがランチを食べに来ており、店主1人で忙しく切り盛りをしていた。

 

安くて美味しいカツを食べたいときはぜひ

日大アメフト部の監督やコーチにココの店主ぐらい、学生を思いやる気持ちがあればこんな事件は起きなかったのでは…と思ってしまうほど良心的な店『とんかつ山路』。

安くて美味しいカツを食べたいときは、ぜひ訪れたい優しさあふれる素晴らしい店である。

 

【とんかつ山路】

住所:杉並区下高井戸1-19-7

・合わせて読みたい→日大学長会見、冒頭から不審者乱入 「やっぱり危機管理なってない」と話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(8枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu