『HUNTER×HUNTER』50話分が無料配信! 『アメトーーク!』放送記念で

『週刊少年ジャンプ』編集部が、冨樫義博『HUNTER×HUNTER』の50話無料配信を開始した。

24日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日・ABC系)にて「HUNTER×HUNTER芸人」企画が実施され、スタジオには冨樫義博原作の大人気マンガ『HUNTER×HUNTER』(集英社)を愛する8名が集結。その魅力を熱く語った。

これを記念し、放送終了直後より集英社が同作の1〜50話無料配信を開始。コミックス1〜5巻に相当するボリュームとのことだ。



 

■ジャンプ編集部がツイッター実況

オンエアが始まると、同作の掲載誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)編集部の公式ツイッターが「編集部みんなで鑑賞中! 実況代わりに、ジャンプ編集部からのハンターこぼれ話を1時間するぞー!」とツイート。

これ以後、数分おきに富樫からのコメントや制作の裏話、名シーンの補足情報などを次々に投稿していった。


関連記事:『めざましテレビ』裏方の音声が筒抜けに? 「あいつ!」と呼ばれていたのは…

 

■「あのシーン」はこうの史代インスパイア

数々の名シーンや名ぜりふを生んだ同作だが、中でも多くの読者に強烈な印象を残したのが、キメラ=アントの王・メルエムが最期を迎えるシーンだ。

次第に視力を失っていくメルエムと盲目の少女・コムギとの対話が、ベタ塗りの真っ黒な背景にポツポツと描かれる。せりふのみのシーンが9ページにわたって続くという、斬新な手法が採られた。

ジャンプ編集部によると、これは『夕凪の街 桜の国』や『この世界の片隅に』(ともに双葉社)などで知られるマンガ家・こうの史代の作品にインスパイアされて生まれたのだとか。

次ページ
■視聴者は「1時間じゃ足りない」

この記事の画像(1枚)