休載多発の『HUNTER×HUNTER』 「有意義な休載」発言に「よく訓練されたファン」と賛否

週刊少年ジャンプの人気作『HUNTER×HUNTER』を『アメトーーク』で特集。ケンドーコバヤシ、Kis-My-Ft2宮田俊哉ら熱心なファンが集結した!

ケンドーコバヤシ
(画像は『アメトーーク!』公式Twitterのスクリーンショット)

集英社・週刊少年ジャンプ誌上で1998年より連載開始、発行部数7200万部を超える『HUNTER×HUNTER』。緻密で複雑な設定と読者の意表を突くストーリー展開で絶大な人気を誇る作品だ。

24日『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、同作の大ファンという芸能人、ケンドーコバヤシ(45)、Kis-My-Ft2・宮田俊哉(29)らが集結した『HUNTER×HUNTER』芸人を放送。

注目が集まる中、同作を語る上で欠かせない「休載」に関して視聴者がザワつく一幕が。


 

■『HUNTER×HUNTER』の魅力

本作は、主人公・ゴン=フリークスが、生涯をかけて希少な事物を追求する「ハンター」である父を追い、自身もハンターとして成長していく冒険活劇。といってもそれほど単純なモノではなく、複雑に入り組んだストーリーが展開される。

登場するキャラクターは数百に及び、章ごとに細かい舞台設定を用意。主要キャラはそれぞれの行動を時系列でまとめ、作品上に登場しない動きまで設定するなど、作品内に「一つの世界」を作り上げているのだ。

しかし、ときには4日間をかけて見開きページを書き込むなど作者のすさまじいまでのこだわりが詰め込まれている本作には、かねてからファンをヤキモキさせる問題があった。


 

■連載「休載」問題

それは作者・冨樫義博氏の「休載」問題だ。出世作『幽☆遊☆白書』では殆どなかったが、本作においてはジャンプ誌上で下書き・ネーム状態での掲載が増え、「休載」の多い作家として有名になってしまった。

同時期スタートの作品が単行本80巻前後まで発売されているのに対し、本作は35巻という点からも、どれほど休載が多いかは明白だ。

これには、かねてから冨樫氏が「趣味のゲームにハマっている」など噂はあったが、「週間連載による肉体の酷使で腰痛が悪化した」のが原因と誌上で明かされている。

次ページ
■ハンター芸人の持論に賛否

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ