「こんなのあるかよ」 離婚のリアル欠き視聴者沈黙『あなたには帰る家がある』

離婚に向けて進み始める妻たち。第7話では、中谷美紀・玉木宏夫婦の「夫婦の奥深さ」を伺わせる別れのシーンが話題に

エンタメ

2018/05/26 09:00


 

■美談すぎる離婚に不完全燃焼

プロポーズされたときの淡く幸せな回想シーンを織り交ぜながら、相手への感謝の気持ちを口にし、涙ながらに別れを告げる別れのシーン。

ドラマチックな美しいシーンだが、「実際の離婚はこんなものではない!」といった異議が相次ぐ事態に。

中学1年生の娘がいる状況で、離婚を決意したにも関わらず、佐藤夫婦は「円満離婚すぎる」との声が目立つ。

これまで夫婦間の「あるあるネタ」をリアルに投影してきた同作なだけに、不完全燃焼に陥ってしまった視聴者は少なくないようだ。


関連記事:「第2のクロちゃん」「クズすぎる」 モノマネ芸人界「パクリ常習犯」に批判殺到

 

■夫婦の本音の部分に「泣けた」の声も

一方で、相手への感謝の気持ちや愛おしかった感情が蘇る美しい恋愛描写に、「泣けた」との声も多くあげられている。

https://twitter.com/Beecouame/status/1000013496480813057

離婚調停や離婚訴訟…穏やかではない離婚をする夫婦も決して少なくないことから、「どうせ別れるならこれくらいの時期に別れたほうが」との声も。また、佐藤夫婦には「別れないでほしい」との意見も殺到している。

相手への感謝の思いを口にし、これ以上ないほど美しい離婚を遂げようとしてる佐藤夫婦。しかし、一方の茄子田夫婦は、決してスマートな離婚とはいかないようで…?

次週の第8話では、両親の離婚によって、多感な子供たちが翻弄されていく様子も描かれる。

・合わせて読みたい→愛する夫から「性の捌け口」と言われた妻 衝撃発言に妻が返した言葉とは

(文/しらべぇドラマ班・もやこ イラスト/ミキシマ