しらべぇ

人間性まで明らかに! 女子が不快になった「男性の香水のつけ方」3選

香水のつけ方を間違えると「香害」になってしまうことも…。

男女

香水

(Maryviolet/iStock/Thinkstock)

本来であれば、自分を良くみせてくれるはずの「香水」。しかしつけ方を間違えると、不快な香りになり周りの迷惑になるなど、マイナスに作用することも多々あるもの。

しらべぇ取材班は、「男性の香水のつけ方で不快になったことがある」という女性たちに話を聞いてみた。

 

①とにかく付けすぎる

「これまで職場や飲み会などで、鼻が匂いになれて機能しなくなっているのか、おかしいくらいに香水をつけている男性に何回か遭遇したことがあります。

 

私が見た限りですが、クサいのに気づかずに香水を付けすぎる人って。空気が読めずに自己中な人ばかり。香水のつけ方って人間性が出る気がする」(20代・女性)

 

②寝る前にもつける

「元カレはベッドに入るときにも香水をつける人でしたが、隣に寝る私は香りで目が冴えて眠れなかった。アロマならまだしも、香水って寝るときに嗅ぎたい匂いじゃないですよね。

 

容姿も喋り方もカッコ付けている人でしたが、寝る前にも香水をかけて優雅に寝るなんて、どこの貴族だよ…と、恋が冷めた今となってはナルシストさにドン引き」(20代・女性)

 

③クサい匂い+香水

「職場に洋服をきちんと洗えていないのか、汗臭かったり雑巾のような生乾き臭がしたりする男性がいますが、そのニオイのうえに香水をつけているので、不快な香りになっている。

 

香水をつけて匂いを気にする前に、まずはインナーなどの洋服をしっかり洗え! という気分。でも匂いに関することって言いづらいから、なにも言えないのが現実」(20代・女性)

 

■香水をつける男性へのイメージは…

しらべぇ編集部が、全国20代〜60代の女性686名を対象に調査したところ、「香水をつけている男性はナルシストのように感じる」と答えた人の割合は36.2%。

香水をつけすぎる…などの問題の前に、そもそも香水をつける男性にネガティブな印象を抱いてしまう女性も一定数いるようだ。

香水

香水は、自分の魅力をアップさせてくれるものにもなれば、周りから嫌われるきっかけにもなるもの。

「香水つけてます!」と主張しすぎるのではなく、すれ違ったときにほどよく香るような付け方をしたほうが好感度は高そうだ。

・合わせて読みたい→電車内の強烈な香水の匂い…席を移動する人は半数以上!指摘するという人も

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の女性686名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu