キャバ嬢は10年で絶滅する? 衝撃投稿に若者「金払って気を遣うのはムリ」

若い男性にとって「キャバクラ」は楽しい場所ではない?

男女

2018/05/27 07:00

 

■若いと「金払って気を遣う」結果になってしまう?

一方、キャバクラに不慣れな結果、「お金を払ったにも関わらず、変に気を遣って、損した気分のまま終わってしまう」ことになる若者が多いのではという意見も。

・2、3回しか行った事ないけど、経験浅いと客がキャバ嬢に気を使うんだよね


・金払って他人に気を遣わせて酒まで飲まなきゃいけないというのが地獄過ぎる


・客のはずなのに話してて気を使うし、共通の話題もないし、相手をひとりの人間として見てしまうと楽しめないように感じた


遊び慣れた男性であれば、キャバ嬢に対して「言葉遊び」をしたり、許される範囲で戯れたりすることもできるかもしれないが、自分の金でも会社の金でも行き慣れていない若い男性には、なかなか難しい行為なかもしれない。


関連記事:「公用車でキャバクラヨガ」報道にスタジオ経営者が猛抗議 「職業差別と感じる」

 

■20代男性のキャバクラ経験率は16%

ちなみに、しらべぇ編集部が過去に「キャバクラに行った経験」について調査を行なったところ、年代ごとの差は歴然。40代以降の3人に1人が経験済みだったのに対し、30代で3割未満となり、20代では16%に下落した。


現実的に考えて10年でキャバ嬢という職業がなくなるとは考えにくいが、市場規模が縮小していく可能性は高いだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,378名(有効回答数)

あなたにオススメ