しらべぇ

アイドルの引退や脱退が続く理由とは 元アイドルが実体験から激白

そもそも芸能事務所は必要なのか?

エンタメ

市川美織

こんにちは、元アイドルでコラムニストの小川満鈴(おがわみな)です。

ももクロをはじめ、AKB他アイドルユニットからの脱退、そして所属事務所と契約を解除するアイドルが相次いでいます。

そこにはどんな思惑、理由があるのでしょうか? 私もジュニアアイドルを経験していますので、その裏側をわかりやすく解説していきます。

 

■そもそも事務所はなぜあるのか

タレント業ではない一般の方々にとって、そのタレントがどの事務所に所属しているのかというのはおそらくどうでもいい部分でしょう。

きっと何かのきっかけで、「え! あの芸人さんって〇〇に所属していたの?」という感覚かもしれません。

しかし、タレント同士にとっては大きな問題。楽屋が事務所ごとに用意されていたり、番組の出演者をよく見るとすべて同じ事務所だったなんてことも多々あります。

 

■「会社の仕事」と闇営業

「自分の務めている会社」と考えると、伝わりやすいかもしれません。では会社というのは社員にとってどんな役割を持つのか?

これは簡単で、社員は「会社が取ってくる、用意している業務」をこなし給与を得ます。そしてそれが「会社に貢献している」ということになる訳です。

この「会社が取ってくる仕事」というのは所属タレントにとって重要になります。逆に会社の了解していない仕事を勝手にすれば「闇営業」などと呼ばれ、大きなペナルティーを負うことにもなりかねません。

 

■直で自己アピールができる時代になった

タレント事務所は所属のタレントをメディア各所に「売り込む」のが主な仕事です。それをする対価をそのタレントが得た報酬から差し引きすることによって経営が成り立っています。

が、その「売り込む」という作業自体を最近はタレントがSNSツールやYouTube等を使用し事務所の力を借りなくともできるようになってきました。

するとタレントには、ギャラの「差し引き」(言い方を変えるとピンハネ)がされないという大きなメリットが生まれます。

つまり、セルフプロデュースもクライアントからの依頼もすべて自分で行うことにより多くの点で得をすることに気がつき始めてしまったのです。例えるならば、人材派遣で働いていた人が自分で会社を起こした感じ。

また、個人ですべてをやることによって、他のタレントに迷惑をかけることなく自分の芸やアピールをすることができるというのもメリットです。会社全体としての「社風」を意識しなくていいのです。

 

■タレントの引退や脱退は今後も続くのか

しらべぇ編集部が全国の20代男女1,099名に調査を実施した結果、男女ともに8割前後が「出世より自分の時間を大切にしたい」と回答しました。

若者1

事務所に所属していると、自らが営業をしなくとも仕事がもらえるというメリットがある代わりに、ギャラの配分率であったり、本当に好きなことができないという問題も生まれてきます。

SNSでこれだけなんでも誰もがアピールできる時代、タレントの個人化はますます加速していくでしょう。

・合わせて読みたい→NEWS小山・手越らの問題はなぜ起きる? 元芸能マネージャーに直撃

(文/しらべぇ編集部・小川 満鈴(おがわん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年9月7日~2015年9月8日
対象:全国20代男女1099名

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu