汚すぎる! ママ友のドン引きした「キッチンの節約法」3選

主婦が「嘘でしょ…」と目を疑った節約法とは?

ライフ

2018/05/29 05:00

キッチン
(kazoka30/iStock/Thinkstock)

キッチンは、口に入るものを扱うところであるため、多少のお金はかけても清潔感を維持しなくてはならない場所。しかし中には、節約に意識が集中するあまりに、驚くほど不衛生なことをする人もいるようだ。

しらべぇ取材班は、「ママ友のドン引きしたキッチン節約法がある」という女性たちに話を聞いてみた。



 

①お皿はティッシュで拭くだけ

「ママ友がカレーを食べたお皿をティッシュで拭くだけでしまっており、『よほどじゃない限り拭くだけでキレイになるし、洗い物は無駄だし節約よ』と…。


表面は綺麗かもしれないけれど、目に見えない雑菌がすごそうで行動を疑ったし、そういうお皿で食べたのかと思ったら吐きそうになった」(20代・女性)


関連記事:給料日前に突然節約をする人たち 「計画性がない」と批判の声も

 

②生ゴミが山盛りでも捨てない

「台所の生ゴミが入っている三角コーナーを『頻繁に変えたらゴミ袋代がもったいない』と1週間に1回しか交換せず、異臭がすごくてコバエが飛び回るママ友宅。


彼女と同じ三角コーナーの水切りネットを使っているけれど、40枚入って100円でケチる金額のものでもないし、ちょっと神経を疑ってしまう」(30代・女性)

次ページ
③何度もラップを使い回す

この記事の画像(1枚)