しらべぇ

カーリング女子の「もぐもぐタイム」を会社に! 一部では非難の声も

お菓子を囲んで、コミュニケーションを取る会社も。

ビジネス

もぐもぐタイム

(©ぱくたそ)

平昌オリンピックで銅メダルを獲得した、カーリング女子。彼女たちがハーフタイムにお菓子や果物を食べる「もぐもぐタイム」に、多くのメディアが注目した。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の「もぐもぐタイム」を知っているの男女988名に「小休憩について」の調査を実施。

「集中している時間の間に『もぐもぐタイム』を取るとこがある」と答えた人は33.1%で、全体ではまだまだ少数派のようだ。

 

■みんなで食べてコミュニケーション

性年代別では、すべての年代で女性のほうが多い割合になっている。

もぐもぐタイムグラフ

女性は、お菓子好きが多い。食べるほどに、がんばれるのだろう。

「チョコやクッキーなど、甘いものを取ると落ち着く。ちょっとした自分へのご褒美があればそこそこがんばれるし、またその先も乗り切れる」(20代・女性)

 

みんなで小休憩を取れば、コミュニケーションの場にもなる。

「うちは、ほぼ女性の職場。外出していた人がお菓子を買ってきたときには、みんなで仕事を中断する。お菓子を囲みながら会話するのは、いい気分転換になり交流も深まるから」(30代・女性)

 

まさに、「もぐもぐタイム」と同じ光景だ。

 

■男性は「もぐもぐタイム」が苦手

男性からは、「集中しているときには、休憩を挟みたくない」との意見も多い。

「集中しているときには、一気に仕上げたいタイプ。『お菓子があるよ!』とか声をかけられたら、集中力が途切れるから嫌だな」(30代・男性)

 

共有が好きな女性の心理を、理解できない男性もいる。

「各自がそれぞれ買ってきたお菓子を食べるならわかるけど、お土産とか囲んでワイワイする女性たちが理解できない。『そこまでして、話したいのかな』って思う。

 

僕は早く終わらせて、帰りたいから」(20代・男性)

 

■「もぐもぐタイム」に批判的な人も

職場でお菓子を食べる行為を、あまり快く思っていない人もいる。

「お菓子ばかり食べて、あまり手が動いていない人に悩んでいる。いつも終わり際になって、バタバタしているのがイライラしてしまう。時間の使い方が下手すぎる」(30代・女性)

 

タバコ休憩を、例に出す人も。

「タバコ休憩と同じようなもの。ちょっとくらいなら容認できるけど、あまりに長かったり回数が多かったりすると、サボりに思えてしまう」(30代・男性)

 

集中力を長時間持続するのは、至難の業である。ちょっとした休憩を挟むことで気分転換になるなら、大目に見て欲しいと思うのが本音のところだろう。

・合わせて読みたい→カーリングで話題のお菓子『赤いサイロ』を徳光和夫が試食 「普通の味ですね」に怒りの声

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代カーリングの「もぐもぐタイム」を知っているの男女988名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu