超ビギナーでも失敗しない簡単メニュー! 旬の新玉ねぎ焼きそばも

新玉ねぎの甘くシャキシャキした食感が楽しい! 『たまねぎのたれ』を使った簡単料理を紹介。

グルメ

2018/05/31 08:00

旬を迎えた甘〜い新玉ねぎをたっぷり使って、美味しい料理が食べたい! そんなときに簡単なレシピを1つでも知っていたら…

しらべぇ取材班は調理師免許をもつ記者が、手頃な材料と市販のタレで、料理ができない人や苦手な人でも、「絶対に失敗しない」鉄板レシピを作ってみるこの企画。

第8弾はエバラ食品工業から販売されている『たまねぎのたれ』を使い、今まで食べたことのないような味の焼きそばが、超簡単に楽しめる。普段食べている焼きそばよりも、気に入っちゃうかも!?


画像をもっと見る

 

■豆腐ときのこのタレ煮

お腹が空いたけど、昨日飲みすぎたからホッとするものが食べたい…なんてときにも、超簡単に作れる。材料も豆腐ときのこだけなので、経済的!

・材料(1人前)

木綿豆腐:半丁、お好みのきのこ:1/4株、たまねぎのたれ:大さじ2


きのこ1

①きのこの石づきを切り落とし、半分に切る。今回はえのきを使用。

きのこ2

②小さじ1の油をフライパンにしいて、きのこがしんなりするまで炒める。

きのこ3

③きのこに火が通ったら、豆腐を手で崩し入れる。

きのこ4

④たまねぎのたれを入れて、強火で10秒火を入れて完成。

きのこ5

きのこと豆腐にたまねぎのたれがよく絡んでいる。風邪を引いて食欲がない…ってときにも食べたくなるような、優しい味だ。冷めても美味しいけれど、温かいうちに食べるのがオススメ。

お好みで大葉を刻んでのせると、香りがよくなり爽やかさがプラスされる。


関連記事:イモト『イッテQ』スタッフの「恋愛事情」を暴露し批判殺到 「鬼!」との声も

 

■マグロのガーリック玉ねぎ

刺身はいつも醤油とわさびで食べている人は多いはず。ちょっとしたアレンジをすると、魚のうま味も感じられる、絶品料理が家庭で楽しめる。

・材料(1人前)

お好みの刺身:3〜4枚、にんにくチューブ:小さじ1/2、たまねぎのたれ:大さじ2


マグロ1

①たまねぎのたれと、おろしにんにくを混ぜる。

マグロ2

②刺身をお皿に並べて、②のタレをかける。今回はスーパーでよく見かける、マグロの切り身を使用。

マグロ3

魚の臭みは一切感じず、うま味と甘みを強く感じる。これは酒の肴として最高! 何より、混ぜてかけるだけでできちゃうから嬉しい。こちらも刻んだ大葉をのせると、彩が加わり食欲をそそる。

マグロ4


■たまねぎのたれで新玉焼きそば

いつも焼きそばはソースで味付け。だけど、たまには他の味も楽しみたい…。そんな日は、たまねぎのたれで、ちょっと変わった焼きそばを楽しもう!

・材料(1人目)

焼きそば麺:1袋、新玉ねぎ:1/4個、豚肉:50g、塩胡椒:少々、たまねぎのたれ:大さじ3


①新玉ねぎを薄くスライスする。

②小さじ1の油をフライパンに入れて、新玉ねぎと豚肉を色が変わるまで炒める。

③麺をほぐし入れて、大さじ3の水を入れ更に炒めて、塩胡椒とたまねぎのたれで味付け。

新玉ねぎの甘さがかなり際立っている。一般的なソース焼きそばより刺激が少ないので、あっさりと食べやすい。

お好みで刻みのり、もしくはちぎった味付きのりをのせると風味がよくなる。

新玉ねぎのシャキシャキ食感を楽しみたい人は、玉ねぎをフライパンに入れるタイミングを遅らせるなど、お好みで調整してみるのも楽しい。

なお『たまねぎのたれ』は、たっぷりのたまねぎが底に沈んでいるので、よく振ってから使うのがポイントだ。

「アレンジ」と聞くと、料理上級者がすることでしょ…と思いがちだが、市販のタレを使うことで超簡単に普段とは違う味を楽しめる。今週末にぜひ、チャレンジしてみては?

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(19枚)