とんこつラーメンがどんぶりに!? 「博多とんこつ“MTK”すた丼」がバリうま

1日から『博多とんこつ“MTK”すた丼』が発売。一足先に実食してきた

グルメ

2018/06/02 10:30

とにかくスタミナをつけたい、無性にスタミナをつけたいんだ!

そんな男たちの救世主「伝説のすた丼」「名物すた丼の店」が、とんこつラーメンをイメージした『博多とんこつ“MTK”すた丼』(980円・税込)を61日より発売するという。

がっつりが売りのすた丼に、とんこつだと…? それはしらべぇ取材班の大食い担当としては気になりすぎる! ということで、新商品をいち早く攻略するため試食会に参加してきた。

 

画像をもっと見る

 

■トッピングが完全に「とんこつラーメン」

運ばれてきたすた丼は、お肉がモリモリに盛られており、その上に明太子が鎮座。

海苔や紅ショウガなども添えられており、トッピングはもう完全にとんこつラーメン。下に入っているのはご飯ではなく、麺なのでは? と思ってしまうほど。匂いもとんこつラーメンに近い。

まずはそのままお肉を一枚。最初はすた丼らしいニンニクの風味がガツン口の中に広がり、後半にかけて、クセの少ないとんこつエキスがじわっと伝わってくる。ガッツリ派なら、間違いなく好きな味だ。

 

関連記事:イモト『イッテQ』スタッフの「恋愛事情」を暴露し批判殺到 「鬼!」との声も

 

■明太子が絶品

中央にこんもりと鎮座している明太子は、もちろん博多産を使用。明太子自体の味や風味が強いため、濃厚なすた丼と食べると味が喧嘩するのでは? と思いきや…

予想以上に明太子が良い仕事をしているではないか! 明太子の塩気が濃厚なすた丼にアクセントをつけ、ピリッとした辛さがジャンクさを引き立てる。

卵の黄身と合わせればまろやかさがプラスされて、バリうま! とんこつラーメンを食べた後のスープに、追い飯を入れた時のような…そんなどんぶりに仕上がっている。

次ページ
■ボリューム満点!

この記事の画像(8枚)