ヤバい予感しかしない… イオンの衝撃的新商品『ナイルティラピアの刺身』を食べてみた

ちょっと抵抗感あるけど…ナイルティラピアの刺身をイオンが発売

グルメ

2018/06/02 17:30

日本で人気の刺身といえば、やはりマグロやサーモン、鯛など、スーパーでも魚屋でも気軽に買える魚がメイン。

だが、大手スーパーのイオンが魚屋でもスーパーでも見たことがないような信じられない魚の刺身を5月末から販売開始し、インターネット上で話題になっている。

 

■ナイルティラピアの刺身

その魚とは、アフリカや中近東が原産とされる外来魚『ナイルティラピア』(いずみ鯛)の刺身。淡水魚だし、名前からして刺身にはできない気がするのだが…

しかし、イオンいわく味は真鯛と似ており、環境に配慮した養殖場で1年ほどで出荷できることから、鯛の半値ほどでかなり安く提供できるのだという。

 

■売れ残りは多数だが…

しらべぇ取材班が近所のイオンに売れ行きを確認しに行ったところ、なんとナイルティラピアの刺身はかなり売れ残っていた…。

しかし、この値段で真鯛と同じ味が楽しめるなら、かなりお得。さっそく1個買って、自宅で味を確かめてみることに。

次ページ
■少し水っぽい印象

この記事の画像(6枚)

あなたにオススメ