しらべぇ

なにこの女! 飲食店で「料理がまずかった時」に女性がした最悪行動3選

料理が「まずい」と騒ぐのは常識を疑われることもあるだろう。

男女

苦手な料理

(chombosan/iStock/Thinkstock)

楽しみにしていた料理が口に合わなかったら、誰だってテンションが下がるもの。そんな時に大人な対応ができる人もいる一方で、周りの気分を害する行動をする人もいるようだ。

しらべぇ取材班は、男性たちに「飲食店で料理がまずかった時に女性がして不快だった行動」を調査してみた。

 

①食べ物に八つ当たりする

「自分の頼んだ料理が美味しくなかったのか、『なにこれ超まずい』とフォークでその料理をぐさぐさ刺して八つ当たりしている女性がいました。

 

不味かったとしても食べ物を乱暴に扱うなんて、どんな教育されて育ったの? と呆れたし、こういう子は友達としても仲良くできない」(20代・男性)

 

②店員にグチる

「お皿を下げにきた店員に『これ美味しくなかったです。まったく食べられなかった』と、クレームではないんですが、愚痴のように言った彼女。

 

店員も『厨房の者に言っておきます…』とリアクションに困っていて…。自分の口に合わなかっただけで、いちいち言葉にして文句言うのってどうかと思う」(30代・男性)

 

③みんなが食べている横で文句

「僕たちは美味しいと思いながら食べていたんですが、ひとりの子だけ苦手な味だったようで『これまっずい!』『よくこんなの食べられるね』と文句。

 

その後も、みんなが食べている横でずっと『ありえなーい』とか言っているので、気分が悪くなりましたね。食べられないなら黙っとけ!』(20代・男性)

 

■食事は量 or 味のどちらが大事?

しらべぇ調査班が、全国20〜60代の男女1400名を対象に調査したところ、どの年代でも男性は「食べ物は味よりも量を重視」する傾向があることが判明。

満腹重視年代別

料理は人それぞれの好みで、味の良し悪しが分かれる部分もある。非常識な人に思われないためにも、大人になったら口に合わなくても「まずい」など、騒がないほうがよさそうだ。

・合わせて読みたい→周りの迷惑!飲食店で「好き嫌いが激しい女性がした」最悪行動

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年9月25日~2015年9月28日
対象:全国20代~60代の男女計1,400名

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu