しらべぇ

『イッテQ』森三中ら不在の「温泉同好会」に「ひどい」 辛辣な声が相次ぐ

森三中やいとうあさこ、椿鬼奴らが不在の「温泉同好会」に、視聴者から不満の声が…

エンタメ

温泉

(kuppa_rock/iStock/Thinkstock)

『世界の果までイッテQ!』(日本テレビ系)の人気企画「温泉同好会」。

当初は、森三中が世界の名湯をリポートする企画だったが、最近では温泉にはほとんど入らず、女性芸人たちの体当たりロケが評判に。

しかし、3日の放送では視聴者から「辛辣な声」が相次ぐ事態となってしまった。

 

■森三中やいとうあさこ、椿鬼奴らが不在

今回、「温泉同好会」としてイギリスツアーに臨んだのは、今年から新弟子として迎えられた、ガンバレルーヤ、オカリナ、バービー、川村エミコ、といった面々。

まず最初は、地上7メートルにある台から、その先に吊るされたサンドバッグのような棒に飛び移るというアクティビティに挑戦。

初登場時から度胸を見せていた、ガンバレルーヤ・まひるがファインプレーを見せるも、後のメンバーは尽く失敗。

恐怖のあまり泣き出してしまったよしこが、なんとか飛び終えた後で「飛んだ瞬間に足がつった」と訴える。しかし、相方・まひるから「それ本当?」と詰め寄られ…その後、「笑い」にうまく転換されず、不穏な空気も漂ってしまった。

 

■相撲で盛り上がるも、一発芸で撃沈

温泉同好会で定番となっている「相撲」では、大島の産休時に「親方」を襲名した経歴を持つ川村と、ソフトボールで全国ベスト16に輝いたこともあるまひるが対決も…川村は瞬殺されてしまう。

続いて、オカリナとよしこの試合では、お互いを「ブス」と罵り合う醜い争いに。勝利したオカリナによしこが食らいつき、「温泉同好会」らしい試合となった。

ラストは、40年間笑ったことがないという女性を、持ちネタで笑わせようという企画に挑戦。1人1分の持ち時間で思い思いのネタを披露するも、女性はクスリとも笑わない。

よしこの顔マネが身内にヒットするも、女性には通じず。二人羽織を1人で演じてみせたオカリナは途中で心が折れてしまった他、衣装とメイクをバッチリ仕込んだバービーは盛大に出落ちしてしまうなど、散々な結果となった。

また、3日の放送では『24時間テレビ』(日本テレビ系)のマラソンランナーの発表を番組内で行う関係上、同企画の尺はかなりコンパクトにまとめられていた。

 

■「無理にやらなくても」「ひどい」辛辣な声続出

時には感動を呼ぶ同企画だが、3日の放送に関しては「メンバー」に対する疑問の声や、VTRの内容に対して視聴者から辛辣な声が相次いで寄せられている。

一貫して、森三中やいとうあさこ、椿鬼奴など、トーク力に長けた人物がキャスティングされていなかったことに、不満の声があがっている。

多忙を極める彼女たちをキャスティングできないのであれば、無理に企画を行わなくても良かったのでは? との声も。

 

■男性人気もいとうがダントツ?

しらべぇ編集部が、全国の20~60代の「『イッテQ』温泉同好会を知っている」男性536名を対象に、「イッテQの温泉同好会のメンバーで、彼女にするなら誰がいい」か調査を行ったところ、いとうが首位を獲得。

(©ニュースサイトしらべぇ)

既婚者である鬼奴や大島も根強い人気を見せた。

やはり「温泉同好会」と言えば、森三中やいとうらの印象が強い。彼女たちが不在の場合でも、この企画を盛り上げてくれる新しいエースは現れるのだろうか…?

・合わせて読みたい→『イッテQ』よしこの「翁」、まひるの度胸 新弟子・ガンバレルーヤに大反響

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の『イッテQ』温泉同好会を知っている人536名 (有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu