しらべぇ

死のカタツムリ「アフリカマイマイ」を食べる 『鉄腕DASH』グリル厄介の内容に驚愕者続出

「グリル厄介」で「アフリカマイマイ」を料理!沖縄県民から驚きの声が…

エンタメ

アフリカマイマイ

(JorgeJPT/istock/Thinkstock)

3日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は、罪はない命だが厄介な外来種を人間だけが持つ料理で美味しくいただく「グリル厄介」を放送。

今回の「厄介者」が史上最強レベルと話題になっている。

 

■「死のカタツムリ」を捕獲へ

沖縄を訪れた城島茂と長瀬智也が駆除するのは、「死のカタツムリ」。当初「カタツムリ」と聞いていた2人は、「余裕でしょ」と楽観的な姿勢を見せる。

しかし静岡大学・加藤英明講師の様子が、いつになくおかしい。「絶対に触ってはいけません」「触ったらアウトです」と、きつく注意が与えられたのだ。

その理由は、「死ぬ可能性があるから」。体内に寄生虫がおり、触るとそれが人間の身体に入ってしまい、頭痛やめまいを起こすだけでなく、死に至ることもあるのだという。

城島と長瀬は、厚さ5ミリの手袋を装着。その物々しさに、視聴者から「最強の厄介者ではないか」との声が上がる。

 

■加藤氏が「触るな」と厳重注意

さっそく捕獲に向かう2人。城島が葉っぱについた粘液を触ろうとすると、加藤氏が「ダメです。カタツムリの可能性があったら触らない!」と厳重注意が。

長瀬が思わず「我々すぐこういうの触っちゃうからね」と話すと、教授は「カタツムリの可能性があれば、もう触らない」とまたも厳しい指導。

沖縄出身の盛ADも、「小さい頃から絶対に触るなと親や先生から教えられていた」と発言。どうやらかなり危険度の高いカタツムリのようだ。

 

■捕獲作戦を実行

危険性を認識したところで3人は捕獲作戦を実行。「豆腐よう」「発酵バナナ」「酒粕」、そして世界一臭いといわれる「シュールストレミング」を用意。頂点をくり抜いたクバ笠のなかにそれらを入れ、死のカタツムリを呼び込むことに。

夜になり仕掛けを見てみると、25センチほどの大きさである死のカタツムリの正体「アフリカマイマイ」が。その大きく物々しい姿に、城島と長瀬は驚きの声をあげた。

なおこのアフリカマイマイは行きたまま沖縄県外に出してはいけないとのこと。2人は高温で茹でることで、寄生虫を死滅させ、東京に戻ることに。

 

■死のカタツムリが美味しい料理に

都内の一流懐石料理屋に持ち込むと、シェフは「八寸」「銀杏と塩炒り」「油揚げの胡麻酢あえ」「茶碗蒸し」など和食に仕上げる。

そこに物々しい姿はなく、3人は「おいしい」と絶賛。とくに加藤氏は「アフリカマイマイ、うまいまい」と城島も真っ青のギャグを飛ばす。

なお沖縄出身のスタッフにアフリカマイマイを食べていることについて聞くと、「衝撃です、お体が心配になるというか…。ちょっと本当に、あんなものをっていう…」とコメント。

やはり地元民にとっては、「かなりの厄介者」「触ってはいけない存在」として教育された存在のようだ。

 

■沖縄県民を中心に驚きの声

城島と長瀬が「アフリカマイマイ」を食べたことについて、沖縄在住者を中心に「あんなものを食べるのか」驚きの声が。

 

■安易に触らないよう注意

沖縄県民にとって「アフリカマイマイ」は「絶対に触ってはいけない生物」と教えられているようで、今回3人が捕獲して食べたことに、衝撃を受けている様子。

知識のない他県民にとっては、「アフリカマイマイ」というカタツムリが沖縄県に生息し、人々を悩ませる危険な存在だということを知らない人も多く、城島・長瀬・加藤氏の3人が教えてくれた形となった。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,344名を対象に47都道府県のなかから、「いま観光に行きたい場所」を複数回答で聞いた調査で沖縄県は2位となっている。

旅行先と人気のある県だけに、知識なくアフリカマイマイや粘液を触ってしまう可能性もある。そのような場合、死に至ることもある模様。安易に触らないよう注意してほしい。

・合わせて読みたい→カラオケ『ビッグエコー』運営会社のカフェ『青葉珈琲店』 パンケーキとカツサンドが激ウマ

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,344名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu