副音声に長澤まさみら大集合の『コンフィデンスマン』小池徹平の悪役にも期待

小手伸也がホストの副音声に、メインキャスト長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が登場

ドラマの副音声でありながら、ほぼ完全にラジオ状態で大好評の『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)副音声企画「五十嵐のスウィートルーム」。

第4のコンフィデンスマン・五十嵐を演じる小手伸也がホストを務めるこの企画に、今夜は満を持して、メインキャストである長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が大集合する。

 

■子猫ちゃんたちの集い

長澤まさみ,東出昌大,小日向文世,小手伸也
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

5回目となる今回の副音声企画では超豪華ゲストだけでなく、初めてドラマファンを招いた形での「五十嵐のスウィートルーム 子猫ちゃんたちの集い」と題した公開収録に――公開収録ってもう、もはや完全にラジオである。

東出のゲスト出演は第6話「古代遺跡編」に続いて2回目だが、今回登場した長澤と小日向はドラマの副音声自体が初挑戦。

ドラマの撮影終了後、4人が一堂に会すのは久しぶりだったようだが、まるでドラマの控室で自由に会話を楽しむように、リラックスした雰囲気で収録は進んだいう。

『コンフィデンスマンJP』放送開始前の会見でも、長澤、東出、小日向の仲の良さが感じられる雰囲気があったが、今回も和気あいあいとしたやり取りが期待できそうだ。

 

■みんなリラックスしまくり?

長澤まさみ,東出昌大,小日向文世,小手伸也
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

いつも本編の内容から脱線することの多い「五十嵐のスウィートルーム」だが、今回はメインキャストが大集合ということで、撮影の裏側など出演者だからこそ語ることのできるエピソードがいくつも飛び出すなど、いつも以上に聞き応えたっぷりの内容になっているもよう。

収録後のコメントでは、ゲストたちが完全リラックスモードだった様子もあり、とにかく楽しい感じが伝わってくる。

長澤まさみ
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

初めての副音声企画だった、ダー子役の長澤は

「リラックスしすぎてしまって、ちょっと後悔しています(笑)。収録中、観客のみなさまが、ニコニコされながら聞いてくださったので、少しは楽しんでいただけたかなと思いました。でも、難しかったです、何を話したらいいのか迷ってしまいました」

 

リラックスしつつも、ちょっと戸惑う部分もあったもよう。

東出昌大
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

2度目の登場だった、ボクちゃん役の東出は

「前回の副音声では、段取りをしくじってしまった上に、トークでは小手さんに助けられっぱなしで。かと言って、前回を踏まえて今回、何かを改善しようという思いは全くなかったです(笑)。

 

今回は長澤さんと小日向さんもいらっしゃったので、今回こそ、みなさんにおんぶに抱っこで、と思っていました(笑)。」

 

前回よりも、さらに楽しめた様子。

小日向文世
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

長澤同様、初副音声にチャレンジした小日向は

「今回の副音声は、ドラマの撮影中に、控室でわいわい話していた感じがそのまま出ています。

 

今日は公開収録で、目の前に観客のみなさまがいらっしゃったんですが、控室のイメージでトークをしていたので、観客のみなさまがいらっしゃることをすっかり忘れてしまっていました(笑)。みなさまにはちょっと申し訳なかったですかね…」

 

収録に訪れた「子猫ちゃんたち」を気遣うコメントがさすが。

小手伸也
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

そして、ホストの五十嵐は

「今回、この方々とご一緒できるのが本当に嬉しくて、愛おしい時間でした。進行しなければいけないという使命感はありましたが、ところどころ抜けてしまったと言いますか、長澤さん同様、リラックスしすぎてしまいました(笑)。

 

今回の副音声は絶対に聞き応えがありますが、その反面、史上最高にとっ散らかってしまっているかもしれません(笑)。」

 

手応え充分のようだ。

このゲストたちがリラックスして話す様子を間近で見られるのも楽しかったに違いないが、五十嵐のMC生トークを聴けた「子猫ちゃんたち」がうらやましすぎる!

 

■小池徹平が嫌なヤツに!?

長澤まさみ,小池徹平
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

そんな副音声も超豪華な布陣となる第9話「スポーツ編」は、若くして億万長者となったIT企業の社長・桂公彦(小池徹平)がターゲット。小池が“嫌なヤツ”をどう演じるのか、かなり気になる。

あらすじをチェックしてみると…

桂は、人気アプリ『モスモス』を開発した株式会社モスモスの代表。大のスポーツ好きでもある桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収してきたが、クラブを私物化し、横暴ともいえる現場介入を繰り返してチームを崩壊させては放り出していた。

 

ダー子たちが桂をターゲットにしたのも、応援していた独立リーグの野球チームと、下部リーグに属する地元のサッカーチームを桂によって潰されたちょび髭(瀧川英次)からの要請だった。

 

久しぶりに「ちょびさん」ことちょび髭が出演するほか、卓球の平野美宇選手も登場するなど、注目ポイント盛りだくさん。

また、予告動画のナレーションで「この回は私も大活躍!」と、五十嵐の活躍にも期待が! 今夜9時から放送の『コンフィデンスマンJP』も必見だ。

《これまでに配信した『コンフィデンスマンJP』関連記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『コンフィデンスマン』長澤まさみ空前絶後の美貌炸裂に「納得しかない」

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ