『24時間テレビ』ランナーはみやぞん! 「超過酷レース」に大声援と懸念点

今年のチャリティーランナーはみやぞん! 前代未聞の「トライアスロン+24時間マラソン」に挑む

エンタメ

2018/06/04 05:30

みやぞん
(画像はみやぞん公式Instagramのスクリーンショット)

3日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)内にて、今年の『24時間テレビ41愛は地球を救う』(日本テレビ系)のチャリティーマラソンのランナーは、ANZEN漫才のみやぞん(33)に決定したことが発表された。


 

■「泣き言えない、やらせてください」

3日、番組の後半で『24時間テレビ』の応援団長に就任した、ご意見番・出川哲朗(54)が、今年のチャリティーランナーを発表。

途中、「出川節」が炸裂し、緊張が緩んでしまった場面もあったが、出川がポンとみやぞんの肩に手を置き「今年はみやぞんに決定しました」と伝えた。

今回は、通常の「24時間マラソン」ではなく、これまでで最も過酷な「トライアスロン+24時間マラソン」のレースになるという。発表を受けたみやぞんは…

「湧いてきましたね。やっぱり、『イッテQ』背負ってる! っていうのがありますから、泣き言言えないなって思って。それで、やってみようと思います! …やらせてください」


と笑顔で答え、会場からは盛大な拍手が湧き上がった。


 

■視聴者から大声援「頑張れ! みやぞん!」

同番組で類まれなるセンスと、抜群の身体能力を発揮し、一躍スターダムに駆け上がったみやぞん。そんな彼の大抜擢に、視聴者からは早くも大声援が送られている。

https://twitter.com/ostomlove/status/1003243144312262657

https://twitter.com/news_a_taka/status/1003243588182872064

中には、早くも泣きそうになってしまった人も。

次ページ
■過酷さと、生真面目さに懸念も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ