トップセクシー女優・羽田あいが4年ぶり現役復帰 月半分は六本木キャバクラでも会える

グラビアアイドルから転身し2014年に引退していたが、SODstarでの復帰を果たす。

 

■再デビューにあたって体のケアも

羽田あい

2年間思い悩み、満を持しての再デビューにあたって、全身のケアにも余念がない。

羽田:引退してから胸が小さくなってきちゃったので、撮影前は育乳マッサージに行っておきました。ちゃんと効果ありましたよ(笑)。きれいな胸の形になったと思います。


お尻とか体のラインをきれいにしたいからジムにもちょいちょい行ってますけど、一度行くと1週間くらい筋肉痛になっちゃうんですよね…。でも、もっと行かなくちゃ。


しかしトップ女優でも、ひさびさの撮影現場はかなり緊張したという。

羽田:最初にデビューしたSODさんだから知ってるスタッフさんもいましたが、男優さんは知らない人もいたし、そもそもプライベートと全然違うから、何をしたらいいのか忘れちゃっていて…。


恥ずかしがって笑っちゃったりしてるんですけど、感覚を思い出してくる前の「今しか見られない初々しさ」かもしれません(笑)。「仕事ができてないような感じ」とも言えるかな…。


 

■監督には「成長したな」

羽田あい

4年ぶりのAV撮影では、思わぬ「再会」も。

羽田:今回の監督さんは、たまたまSODでの引退作を撮ってくださった方で、「成長したな」って言われました。親心みたいなものかな?


でも久しぶりに撮影したら、脚がぶるぶるになりましたね(笑)。AVって、素人ができないようなアクロバティックなこともたくさんするので。私たち女優も、プライベートでは結構普通にするんです。ユーザーさんで、AVの真似をする人もいるみたいですけど、ダメですよー(笑)。


■ファンは海外にも

羽田あい

彼女のSNSアカウントには、韓国語での投稿やコメントも目立つ。その理由について聞いてみたところ…

羽田:SNSはツイッターとインスタをやっていますが、海外だと韓国のフォロワーさんが多いですね。私も韓国ドラマや旅行が好きだったので、友達と一緒に赤ちゃんみたいに韓国語を覚えました。


引退してから、韓国のファッションブランドとのコラボで洋服をデザインしたこともあります。


ちなみに、これまで海外のファンからは「もう一度、AVでの活躍を見たい」という声と「もう脱がないで」という意見が半々だったそうだ。

初デビューのときも「楽しいから始めた」というAVの世界だが、「前回とはまた違った形で、新しい経験と楽しみ方を見つけていきたい」と語るあいちゃん。

映像作品だけでなく、「20代の記念に写真集も出してみたい」と意欲を見せた。六本木のキャバクラにも「月の半分くらいは出勤予定」とのことで、「会いに行けるSODstar」として注目だ。


【羽田あい】

1989年9月22日生まれ/血液型:O型/T170・B87・W55・H85/趣味:料理・ゲーム・美味しいお店を探す

・合わせて読みたい→「憧れの世界に入ったからには本気で」 新人美少女セクシー女優・小倉由菜の熱い決意

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/羽田あい

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ