「子供が父と思ってない」「終業時間に海外からメール」 ブラック企業体験談がエグすぎる

ブラック企業は「一部上場企業」の中にも存在する。

テレビ会議
(metamorworks/iStock/Thinkstock)

国会では「働き方改革」についても議論が白熱しているが、一方で目にすることが増えたのがブラック企業の問題。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女有職者747名に実施した調査でも、男女とも約2割が「今勤めている企業・組織はブラックだと思う」と回答している。

ブラック企業1

 

■エピソード募集に体験談が殺到

ともに東大法学部出身の弁護士である南谷泰史さんと早野述久さんが起業した日本リーガルネットワーク社では、GPSを使って残業時間の証拠を自動で残せるスマホアプリ『残業証拠レコーダー』を開発。

さらに、サイトで「ブラック企業でのエピソード」を募集しているが、きわめて深刻な体験談が数多く寄せられているという。その中から、国際化が進むビジネスの中で、決して他人ごととは思えないエピソードを紹介しよう。

 

■ほぼ終業時間に欧州からメール

エピソードを投稿したwakameさんは、新卒で入った一部上場企業で海外を担当する仕事をしていた。

「新入社員で配属された課は課長を入れて6名。いきなり自分の担当はアジアとヨーロッパだといわれた。その日から朝は8時からアジアと仕事、夕方19時ぐらいになるとヨーロッパから『グッドモーニング』とメールが来る。

 

こっちはもう定時をすぎてるがそこから普通にやり取りをしていつも24時近くになってタクシーで寮に帰宅。課長は『幼い子供がほとんど会わないので自分が父親と分かってない』と嬉しそうに話し、直属上司は仕事中に過労で倒れ、お見舞いに行った時の第一声が『○○の案件大丈夫?』だった。

 

画面の向こうで定時に仕事を始め、定時に帰っていく欧州の仕事相手を残業中の自分と比べて、『同じ先進国でなぜこうも違うんだろうか?』と何とも言えない気持ちを抱えながらやり取りをしてました」

次ページ
■残業時間の倍以上のサービス残業

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ