千葉雄大がワイルドにピアス? 「かわいい系男子」のギャップにファン歓喜

「かっこいい千葉くんもたまらない」と歓喜の声があがっている。

エンタメ

2018/06/06 09:00

あざとい仕草も正当化してしまうほどの「かわいさ」を持つ、俳優の千葉雄大(29)。その「かわいさ」は、歯に衣着せぬ発言をすることの多いお笑いコンビ、おぎやはぎも絶賛するほど。

そんな千葉が見せたワイルドな私服姿に「かっこいい千葉くんもたまらない」と、ファンから歓喜の声があがっている。


 

■「かっこいい」千葉雄大

4日、千葉は…

「お友だちとの誕生日をお祝いしました。手巻き寿司と焼き鳥パーティー。焼き鳥は串に刺すのをお手伝いしました。リア充ですね。持つべきものは、友だちですね」


とコメントを添え、自身のインスタグラムに4枚の写真を投稿した。サングラスとピアスを身に着け、手には缶ビール。テレビやSNSの「かわいい」印象の千葉とは異なり、男らしくて「かっこいい」印象を受ける。


関連記事:『イッテQ』森三中ら不在の「温泉同好会」に「ひどい」 辛辣な声が相次ぐ

 

■「かわいい」千葉雄大

千葉の「かわいさ」といえば、2018年1月から3月に放送されたドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系)での「あざとかわいい」演技も話題になっていた。

千葉が演じたのは、主人公一家のもとで働く執事見習いの「楠木松也」。ドラマのなかで、千葉の演じる楠木はプクーっと頬を膨らませたり、子犬のように目をキラキラと潤ませたりと、「あざとかわいさ」を存分に発揮していた。

次ページ
■「ギャップに驚いた!」

あなたにオススメ