いよいよクライマックス『モンテ・クリスト伯』衝撃の展開にファンは騒然

ディーン・フジオカ演じる真海の復讐劇は壮絶さを増し、ラストへ向けての怒涛の展開に…

エンタメ

2018/06/08 14:00

ディーン・フジオカが演じるモンテ・クリスト・真海が、残酷なまでにターゲットたちを追い詰めて復讐していく『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)。

7日夜10時から、第8話が放送された。


 

■壮絶さを増す復讐劇

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

南条家を崩壊させ、幸男(大倉忠義)が自ら命を絶とうとするまでに追い詰めたモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)。だが、幸男の娘、明日花(鎌田英怜奈)の存在が江田愛梨(桜井ユキ)を惑わせてしまい、幸男は一命をとりとめる。

すみれ(山本美月)の存在感や、愛梨の行動など、予期せぬ状況に気持ちを乱されて、呆然としながら真海が釣りをしていると、守尾信一朗(高杉真宙)が現れ、信一朗の交際相手が入間未蘭(岸井ゆきの)と判明。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

一方、未蘭は父の入間公平(高橋克典)に信一朗と会ってくれと頼むが、入間は頑なな態度を崩さない。瑛理奈(山口紗弥加)は時間をかけて説得しようと未蘭を慰め、貞吉(伊武雅刀)の部屋に連れて行く。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

瑛理奈が未蘭を殺そうとしていることを知る貞吉は必死に未蘭に危険を伝えようとするが、会話用のタッチパッドが瑛理奈に操作されていたため、自分の意志を伝えることができない。

そこに真海が貞吉に会いに来た。貞吉は真海が持参した五十音図を使って、未蘭に迫っている危険を知らせることに成功する。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

入間に会った神楽清(新井浩文)は幸男の自殺や寺角類(渋川清彦)殺害は真海の仕業だと話し、自分と入間もターゲットにされていると告げた。入間と神楽は、真海の正体が柴門暖であることを確信。入間は真海を15年前に柴門暖を陥れた取調室に呼び出し、真海を柴門暖として追い詰めようと画策。

一度は真海を引き取らせた入間は、後日、暖と指紋が一致したと告げに来るが、逆に真海から寺角殺害の犯人・安堂完治(葉山奨之)が留美(稲森いずみ)が生み、入間が遺棄した実の子であると教えられ、鑑定結果を改ざんする取引きを持ちかけられることに。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

未蘭が殺されることを知った真海は、信一朗に「あなたの恋人を殺そうとしている人がいる」と薬が入った小瓶を託す。その後、入間家に招待された信一朗の目の前で、未蘭が倒れる。瑛理奈は優し気に介抱するが、信一朗は未蘭の様子が以前、入間家で不自然な死をとげた出口文矢(尾上貴之)の様子と似ていることに気付く。

危険を感じた信一朗が、真海からもらった薬を未蘭に飲ませると一度は気分が良くなったものの、すぐに意識を失い病院へ搬送される事態に。

その頃、神楽は何者かに監禁され、意識を取り戻した幸男は、すみれに「暖ちゃんのところに行こう」と告げた――。


関連記事:『イッテQ』森三中ら不在の「温泉同好会」に「ひどい」 辛辣な声が相次ぐ

 

■荒れ狂う真海

前回、追い詰められ自殺を図った幸男。しかし、明日花(鎌田恵怜奈)からの電話をきっかけに、長年狙い続けた復讐相手である幸男を愛梨は助けてしまう。

これに真海は激怒――グラスを素手で握りしめて割り、血が出るわ、シャンパンのボトルは投げるわ…で、部屋の中をめちゃくちゃに…。いつも冷静で、取り乱さない真海が違い怒り狂う姿を見せた。

真海は、愛梨に「もう君は自由だ」と10億円の小切手を渡す。そして真海は、自分の手でトドメを指すために、幸男が入院している病院に向かう。

次ページ
■暖とすみれと幸男

この記事の画像(14枚)


あなたにオススメ