話してるだけで疲れる… 「この人とは一緒にいたくない」と思うタイプ3選

自己中心的な人や、ネガティブな人と一緒にいると疲労を感じる人もいる。

sirabee20180531tomodati000
(Milatas/iStock/Thinkstock)

気が合う人と過ごす時間はとても楽しく、元気が出るもの。しかし一方で、一緒にいるだけで疲労感を感じてしまう人もいる。そんな「一緒にいて疲れる人」はどんな人なのか、話を聞いてみることに。

 

■度がすぎる人

意識が高い人や、気が利く人でも度がすぎると疲労感を与えてしまう。

「やたら向上心が高く、意識が高すぎる人。悪いことではないけれど、自分との熱量の差がありすぎて、うっとうしくなる。特に自分がテンション上がらないときに、やたら意識高い系の発言されたら疲れる」(20代・男性)

 

「気が利きすぎる人。本当にいいから大丈夫って言っているのに遠慮していると解釈して、世話をやきたがる。1回目は遠慮しているときもあるけど、さすがに3回4回断っているときには、おせっかいだって察して引いてほしい」(30代・女性)

 

「勝手に比べている自分が悪いんだけど、優秀なうえに美人で性格もよくて、短所が見当たらない完璧すぎる人。自己嫌悪に陥って疲れてしまう」(20代・女性)

 

■自分中心な人

他人の話より、自分の話をしたがる人も多くいる。

「自分の子供の話ばかりする人。久々に会ったら、子供の学芸会や運動会の動画を延々と観せられて、すごく苦痛な時間だった」(30代・女性)

 

「みんなで話ているときに、自分しか知らないコアな話をする人。終わったかな? と別の話をすると遮られて続けている。自分のことしか見えていないんだろうか」(30代・女性)

 

「自分の話ばかりする人。たまに悪いと思うのか、質問してきたので答えたら『私はね〜』とまた自分の話をしだす」(20代・女性)

次ページ
■ネガティブな発言

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ