しらべぇ

『絶対零度』ポスタービジュアル解禁 関ジャニ・横山裕「男前に撮っていただけて」

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の超クールなポスターを公開

エンタメ

7月9日初回30分拡大でスタートする月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)のポスタービジュアルが、初公開された。

 

■コンセプトは“アジト”

(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

上戸彩演じる新米女性刑事・桜木泉を主人公に、シーズン1ではコールド・ケースと呼ばれる“未解決事件”、シーズン2では“特殊犯罪潜入捜査”をテーマにし、人気を集めてきた「絶対零度」シリーズ。

今回は、新たに沢村一樹が演じる井沢範人が主人公となり、“未来の犯罪を予測して捜査する”をテーマに、潜入捜査やアクション、予期せぬ展開とエンターテインメント性をパワーアップした作品となっている。

その世界観を描くポスターは、CM、映画、テレビ、音楽と幅広く活躍するアートディレクター・デザイナーの吉良進太郎氏が担当。そのコンセプトについて、吉良氏は

「未然に犯罪を予測すると言っても近未来の話ではなく、私たちが生きる現在まさに導入されている、または行われようとしている“捜査方法の現場”をリアルに表現したビジュアルにしようとしました。

 

特にこだわった点は、ドラマの見どころの1つでもある、個人情報を秘密裏に扱う特殊捜査を行う“アジト”のような雰囲気が感じられるようなデザインです」

 

とコメント。ドラマへの期待感と共に、このクールなビジュアルも話題を集めそうだ。

 

■「男前に撮っていただけてよかった」

ポスターの仕上りについて、出演者たちもカッコイイと大喜びの様子。

主演の沢村は、

「ポスターは、その番組のイメージを伝えるためのものなので、想像以上にずっしりと重厚感のある、一言で言うとカッコイイものが撮れたなと思いました。皆さんがどのように受け止めてくださるのか楽しみです」

 

と、ファンの反響への期待を語る。

シーズン2の最終回から登場し、今回“ミハン”に赴任する山内徹役の関ジャニ∞・横山裕は、

「(同日に撮影したムービー同様)ポスターも男前に撮っていただけてよかったなと思っています(笑)」

 

と、自身の写真写りにも大満足。

“ミハン”の紅一点・小田切唯役の本田翼は、

「“ミハン”チームが抱えている闇の部分が出ていると思います。刑事モノですが、一番闇を抱えているのは自分たちだという、面白くなりそうな予感がするビジュアルだと思いました」

 

と、登場人物たちのキャラクター性をイメージさせるコメント。

そして、若くして出世コースを歩むキャリア警察官で、“ミハンシステム”の導入プロジェクトのリーダー・東堂定春役の伊藤淳史は、

「撮影したポスターの中にいる東堂は、まさにあれが東堂定春を象徴する表情だと思っています。ただドラマの中では、その象徴的な東堂のカラーやイメージは出さずに、隠して演じられたらと思っています」

 

と、役柄の“裏の顔”について言及している。

 

■公式Twitterにも注目!

横山がコメントでムービーに関して触れているが、6月4日初めて放送されたティザースポットも、かなりカッコイイ仕上りで「かっこよさ極めてる!」「かっけ~」など、ファンの間で評判になっている。

そんな撮影風景の一コマを公式Twitterで発見。

このほかにも主人公・井沢のガンアクションの様子や、

クランクインしたばかりという、本田翼のめちゃくちゃかわいいオフショットが!

今回公開されたポスタービジュアルに加え、撮影が進むにつれて、きっと続々アップされるはずの撮影風景やオフショットも要チェックだ。

・合わせて読みたい→関ジャニ横山、「みやぞんはやべーヤツ」 天然キャラ同士の絡みに賞賛の声

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ

この記事の画像(2枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu