恵比寿マスカッツ・石岡真衣 悪だくみ写真集は「脱ぎかけているのが多い」

恵比寿マスカッツのメンバー・石岡真衣が、写真集『悪だくみ』を発売。セクシーさと爽やかさのギャップを楽しめる内容とは?

石岡真衣

グラビアのみならず、アイドルグループ・恵比寿マスカッツのメンバーとしても活躍中の石岡真衣が、ファースト写真集『悪だくみ』(双葉社)をリリース。

東京・神保町で行われた発売記念イベントに、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

 

■自前のランジェリーで登場

石岡真衣

イベントに自前のランジェリーで登場した石岡。「自分の気に入ったランジェリーを着てきました。来てくれるファンの方に対しての悪だくみ衣装です」とタイトルかけた挨拶した。

ファースト写真集を発売した感想を聞くと、「ずっと写真集を出すのが、グラビアアイドルとしての目標だったので。本当に夢が叶ったので、何回も見直しました」とにっこり。

 

■コンセプトは「悪だくみ」

本作は、2月にバリ島で撮影したものだそう。

石岡真衣

まず写真集のテーマについて聞いてみると「最初はコンセプトとか考えていなかったんですけど、撮っているときに、だんだん悪だくんでいるような写真が多くなったので(笑)。タイトルの『悪だくみ』が写真集のテーマになりました」と説明してくれた。

次ページ
■おススメはショーツの生脱ぎ

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ