米朝首脳会談 「ワーキングランチ」にネット民反応 「社畜は毎日それ」

ブラック企業社員は基本、昼休みは会議になってしまう?

話題

2018/06/12 19:30

米朝首脳会談
(画像はTwitterのスクリーンショット)

昨日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がシンガポールで会談を行ない、合意文書に署名した。

歴史的出来事と評され、世界中の注目を集める一方で、ニュースで登場した「ワーキングランチ」という言葉が注目を集めている。


 

■ワーキングランチとは

「ワーキングランチ」とは、用談をともなう昼食会のこと。つまり、仕事(政治)の話をしながら昼食をとることで、雑談や趣味の話をすることではない。

ホワイトハウスによると、ワーキングランチのメニューは牛肉のコンフィと表面を揚げた豚肉料理、チャーハン、たらの煮つけなどだそう。


 

■「社畜はみんなやってる」の声

この「ワーキングランチ」という聞き慣れない言葉に、一部のネット民が反応。「社畜は毎日それ」「昼休みを没収された社畜みたい」「タダ働きか」「ワイと同じやん」などの声が見られる。

多忙ゆえ、ゆっくり昼食を食べる時間もなく、会議になってしまう人は少なくないようだ。


■お昼はどこで食べる?

しらべぇ編集部では以前、全国20代〜60代の有職者620名を対象に「出社中のお昼をどうしているか」調査。その結果、一番多かったのは自分の席という回答だった。

なお、会社の外へ食べに行く人は、男性25.1%、女性16.2%と、予想より低め。節約のためにカップ麺や持参したお弁当を食べているのか…と思いきや、「毎日ワーキングランチなので会社にいざるを得ない」という人も少なくないのかも。

・合わせて読みたい→金正恩、シンガポールで「自撮りデビュー」果たす 「こんな日が来るなんて」

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の有職者620名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ