しらべぇ

通行を妨害して自撮りする女子学生たち 怒れる女性の投稿に爆笑と称賛

自撮りに夢中になるあまり、周りが見えなくなってしまった女子学生たち…

話題

階段に座り込む女子高生

( DAJ/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

インスタグラムやティック・トックなど、女子中高生たちが「自撮り」を披露する場が拡大。「映える、面白い動画や写真」の撮影に夢中になりすぎてしまうことは、注意が必要だ。

女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』にて、そんな「自撮りに夢中になる女子中高生」に苦言を呈する投稿が寄せられ、注目を集めている。

 

■商業施設の階段に座り込み、通行妨害

投稿者は、休日に2歳の子供と夫の3人で、大型ショッピングモールへ出掛けたときのエピソードを、同掲示板に打ち明けた。

その日は雨が降っていた影響で、駐車場はいつも以上に混雑。駐車場の屋上に車を停めるも、エレベーターも混んでいたため、階段で売り場まで降りることに。

階段を降りていくと、大人6人くらいが並んで立てるほど幅のある階段に、それぞれ自分の隣にカバンを置いて、自撮りを楽しむ中学生か高校生くらいの女子2人組が、たむろしている現場に遭遇。

駐車場が混雑しているため、多くの人が階段を通行しているにも関わらず、自撮り女子たちは構うことなく撮影を楽しんでいたという。

 

■思わず「邪魔」と声を掛けるも…

明らかに通行の妨げになっているにも関わらず、気にもとめない自撮り女子たちに怒りを募らせた投稿者は、「邪魔」と一言声を掛けた。

しかし、自分たちが言われていると思いもしなかったのか、完全無視。もう一度投稿者が声を掛けると、投稿者のほうを見上げるも、「すみません」などの言葉はなし。

子供が投稿者の手を引いて先へ降りていってしまったため、そこで自撮り女子たちとのやり取りは強制終了となったが、投稿者はこの出来事を振り返り…

「その後 どいたのかどうか分からないけど、戻って 日本語分かるか聞いてみたかった!! (中略)インスタで、『#ばばぁに絡まれた』とか やってんのかな。ウチの子供たちにはあんな風には育って欲しくないなぁ」

 

と、心境を吐露している。

 

■共感の声が相次ぐ

こちらの投稿には、煮え切らない思いを打ち明けた投稿者に、共感する声が多数寄せられている。

・私は主さん派だ(苦笑)なんなら警備員呼んで退かす

 

・うざいね。自撮りして何が楽しいんだか分からない。邪魔ですよがきつい言い方?言い方とか関係なくね? 邪魔なものは邪魔だよ

 

・邪魔ですよってキツイ言い方なんだってコメントしてる人見て思った。まさにその通りだしねって思ったし、優しくはないのかもだけど、きつくはないよね。#ばばぁに絡まれた にウケた

 

・私有地でやれ! 邪魔ですよって言った主さん、えらいです!

 

「邪魔」という投稿者の言葉が「キツすぎたのではないか」という意見もあがったものの、簡潔な言葉で迷惑行為を注意した投稿者を支持する声が多数。

また、ハッシュタグで自虐する一節には「笑った」「ウケた」との声が。

 

■「SNSに自撮り公開」は自意識過剰の表れ?

しらべぇ編集部が全国の20~60代のSNSユーザー637名を対象に「SNSでの自撮り写真」について調査したところ、約4割もの人が「自意識過剰だと思う」と回答。

(©ニュースサイトしらべぇ)

過度な加工が施され、別人のような仕上がりになっているものや、「自分だけがかわいく撮れている集合写真」など、SNS上の「自撮り写真問題」は根深い。

また、一度投稿したもを完全に削除することは難しいことから、「慎重になるべき」との見方も強まっている。写真撮影時には周囲の人の迷惑にならないよう、最低限のマナーを心がけたい。

・合わせて読みたい→キラキラ投稿にイラッ! 不快に思われかねないSNS投稿3選

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代のSNSユーザー637名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu