終わり方にモヤモヤ…も「原作通り」 忠実に再現された最終話の『シグナル』

韓国ドラマらしいもやっとしたラストとなった『シグナル』。


 

■現代で大山とは会えないまま

一方、同じく命を狙われていた健人。暴漢に襲われ、一時は心肺停止となり、死亡するが、大山の奮闘のおかげで未来が変わる。目を覚ました健人は、同じ警察官という職業でありながら、長期未解決捜査班のメンバーではなかった。

その後、健人は亮太殺害容疑で逃走していた中本が遺体で発見された一方、重要参考人の大山が行方不明になっていることを知る。大山が中本を殺したとは思えない健人は、母親に彼から預かっているものはないかと質問。すると母親は、大山からの手紙を渡す。

そこには事件以降、無線が鳴らなくなったこと。そして野沢議員がすべての黒幕であり、彼のこれまでの汚職と数々の犯罪の隠蔽を示す証拠が入っていた。

託された健人は美咲に接触。彼女は大山が行方不明になったすぐ後、無言電話を受けており、その発信元の地域に大山に関するなにかがあるのではないかと探し続けていた。

こうして現地で美咲と合流した健人。「諦めなければ未来は変わる」という信念を胸に、捜査を続けることを誓うのだった。


関連記事:店のトイレに行ったきり、戻らない小1の娘 父が目にした光景に言葉を失う

 

■モヤモヤした終わり方? 視聴者びっくり

最終話のラストでは、生きている大山の姿が写る場面もあったが、健人とは会えず。黒幕である政治家・野沢議員も罰せられないままで、誤解を恐れず言うのなら「モヤモヤする終わり方」だった。

これには視聴者からも「えっ、ここで終わりなの?」「続編ある感じ?」「シーズン2がないと成り立たない」などの声が続出。

もっとも、本作は韓国で放送された同名ドラマの日本リメイク版。原作ファンによると、原作でも同じ終わり方のようで…。

などの声が。

また、「韓国作品はだいたいこういう終わり方」「死んでなかった分いいと思う」などの反応が見られたほか、「むしろ、わかりやすくハッピーエンドにするより味があっていい」という好意的な意見も確認できた。


そんな風に、終わり方だけを取り上げれば、ベタなハッピーエンドに慣れた日本の視聴者には好みが別れた本作。だが、当サイトで今まで行なってきたレビューの熱量をみていただければわかるように、作品全体を通して見れば十二分に「面白かった」のは間違いないだろう。

《これまでに配信した『シグナル 長期未解決事件捜査班』関連記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇドラマ班・しらべぇ編集部

この記事の画像(2枚)