成人年齢が20歳→18歳に 飲酒問題より深刻な懸念が浮上し「恐ろしすぎる」

2022年4月から、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる改正民法が、13日に参院本会議で可決され、成立した。

社会

2018/06/13 14:30

乾杯
(kazoka30/iStock/Thinkstock)

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が、13日の参院本会議で可決され、成立した。

2022年4月より施行される予定で、「大人の定義が変わる」ことで生じる「様々な変化」について、インターネット上では懸念の声が多くあげられている。

 

■ただし、「飲酒は20歳から」

少子高齢化の進展を踏まえ、若者の自立を促す狙いのある今回の改正民法。施行されれば、成人年齢の変更は1876年以来、146年ぶりとなる。では、成人年齢が18歳に引き下げられることで、社会のルールはどう変わるのだろうか。

「飲酒と喫煙の解禁年齢」については、健康への配慮から、従来どおり「20歳未満禁止」が維持されるという。

また、これまで「女性は16歳、男性は18歳」とされていた「結婚年齢」については、「男女共に18歳」と、女性の結婚年齢が引き上げられるかたちに。

他にも、携帯電話や車の購入などの「契約行為」を、18歳であれば1人で行えるようになる他、18歳で親の同意なくローンが組めるようにもなる。

 

■「ややこしい!」と不満の声も

報道を受け、ツイッター上では「お酒の問題」に言及するツイートが続出している。

https://twitter.com/polaris0816/status/1006726366601961473

https://twitter.com/KEYAZUMICHAN/status/1006721783750201346

「成人年齢は20歳のままでいいじゃん」や「飲酒もいっそ18歳からにしてしまえばいいのに」といったつぶやきが目立つ。

次ページ
■「成人式問題」への深刻な懸念

あなたにオススメ