カンニング竹山、ヒロシも… 有名タレントが次々YouTubeチャンネルを開設する背景とは

タレントがYouTubeを個人でやるのはなぜか?

カンニング竹山
(画像はカンニング竹山公式YouTubeのスクリーンショット)

こんにちは、元アイドルでコラムニストの小川満鈴(おがわみな)です。

タレントにとって一番大事なのは、メディアに露出すること。基本的には、露出度(肌の露出面積じゃないよ)と知名度は比例しています。

そして、かつてはその露出の場はテレビ、映画を頂点にラジオ、イベントと続いていました。しかしインターネットの発達により、タレントにとって必ずしも露出の頂点がテレビではなくなってきたのです。

 

■好きなことができる環境

テレビやラジオなどの場合、タレントはその番組にゲストで呼ばれる、もしくはオーディションを受けて通った場合に出演します。

そして、番組にはスポンサーが存在するため当然好き勝手なことはできず、基本的には台本にそって進める必要があります。

となるとタレントによっては、「本当はやりたくない」「こうすればもっと面白いのに」というズレが生まれる場合も。

とくに普段から毒舌だったり個性があるタレントにとっては、台本でガチガチに固められたメディアは向かなくなってきているのが現状です。

そのせいか、台本やスポンサーに縛られたくない、もしくはテレビのコンプライアンスが自身の芸の邪魔になってしまう印象のあるタレントが、次々に自身でYouTubeチャンネルを開設しています。

 

①カンニング竹山さん

テレビでも毒を含んだ過激とも取れる気持ちの良い発言で話題の竹山さんですが、自身のYouTubeではキャンプを自由気ままに行ったり、直接出演オファーを募ったりとかなり自由な放送をしています。

次ページ
②キングコングさん

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ