破局につながることも… 連絡の返事をせずに「SNSにログインする人」の不快行動3選

友達や恋人からの大事な連絡をそっちのけでSNSに夢中になる人も…

スマホ
(DragonImages/iStock/Thinkstock)

誰かから連絡がきても「あとで返せばいいや!」と後回しにして、SNSにログインや投稿をしてしまうこともあるだろう。

しかし、SNSによっては何分前にログインしたかがわかったり、「いいね」を押した時間や投稿日時が出たりするため、それを見て嫌な思いをするケースも。

しらべぇ取材班は、「連絡の返事がこない人が、SNSにログインや投稿をしていて不快になったことがある」人々に話を聞いてみた。


 

①投稿する時間はあるが返信する時間はない

「急ぎかつ大事な連絡をしたのに返信がこないので、『忙しいのかな…』と思っていたら、SNSにどうでもいいことをあれこれと投稿している友人がいて。


数日後にやっと返信がきて『バタバタして遅れた』と言われましたが、SNSにログインしていたのを知っているし、失礼にもほどがあると思った」(20代・女性)


関連記事:NEWS手越、替え歌で「嵐の口パク」を批判 嵐ファンがブチギレの地獄絵図に

 

②予定のキャンセルの連絡は後回し

「女友達と遊ぶ約束をして、待ち合わせ場所などを相談する連絡したのに返信が来ず…でもSNSでは『いいね』やコメントしている。


結局、真夜中に『ごめ〜ん! 明日やっぱりダメになった』と連絡がきましたが…。こっちも予定があるんだから、SNSにログインする暇があったら、大事な連絡を先にしようよ…と呆れた」(20代・女性)

次ページ
③SNSを優先で愛が冷める

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ