「清流の破壊王」ウシガエルを見事捕獲 TOKIO・長瀬智也と加藤英明氏の奮闘に称賛

加藤英明氏と長瀬智也がウシガエル捕獲に挑戦。2人の挑戦に称賛の声

エンタメ

2018/06/18 06:00

ウシガエル
(IliasStrachinis/istock/Thinkstock)

17日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は、罪はない命だが厄介な外来種を人間だけが持つ料理で美味しくいただく「グリル厄介」を放送。

今回はTOKIO・長瀬智也と静岡大学講師の加藤英明氏が、高知県の四万十川を訪れ、「清流の破壊王」の捕獲に挑戦した。

 

■耳がよく視力も強い強敵

「清流の破壊王」とは日本古来の生き物を食べまくり、最大800グラムにまで成長するという外来種・ウシガエル。鼓膜が大きいため非常に耳が良く、さらに視野も広いため、非常に手強い相手。

長瀬は腕試しとして沼に入り捕獲に挑むも、逃げ足が速く失敗。そこは「ハンター」として名を馳せる加藤氏が手探りでウシガエルをゲット。その大きさと少々グロテスクな形に、視聴者は驚きの声をあげる。

 

■長瀬が釣り竿を操り捕獲に成功

さらに捕獲作業を継続すると、沼の上に顔を出すウシガエルを長瀬が発見。刺激しないよう捕まえるため、釣り竿に疑似餌をつけて釣り上げることに。

「釣り歴20年」という長瀬は、一度は針が葉に引っかかってしまったものの、草の上で疑似餌を暴れさせて勘違いさせるなどして巧みにウシガエルを疑似餌に誘導。

超真剣な顔でウシガエルに「勘違い」させ、見事に釣り上げることに成功。長瀬対ウシガエルの緊迫感溢れる対決は、見ごたえのあるものだった。

次ページ
■加藤氏のダジャレが絶好調に

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ