千鳥・大悟、中井りかに愛のムチ「写真誌に撮られて良かったと思える日は来ない」

19日に生放送された『青春高校3年C組』に、隔週火曜レギュラーの千鳥が出演。副担任から生徒に降格したNGT48中井りかへ向け、大悟が名言を連発した。


 

■総選挙結果もネタに

勢い止まらぬ大悟は「落ち込んでいるだろうが、今のお前が本当に受け止めなければいけないのは、それ(報道)関係なしの総選挙37位という結果だ!」と追い打ちをかける。

「37位って、もうFIFAランキングや」という時流に即した絶妙な例えで笑いを取ると、ノブ(千鳥)も「サウジアラビアのところやから」と乗っかり、見事なコンビネーションが完成。

ちなみにこれは完全に余談だが、実際のサウジアラビアは67位(6月7日現在)。37位はイランとなっているが、本筋とは関係のない豆知識として読み流してもらいたい。


関連記事:店のトイレに行ったきり、戻らない小1の娘 父が目にした光景に言葉を失う

 

■最終的にはダイナミックなアドバイス

そして大悟は「写真週刊誌に撮られた先輩」として、とっておきのアドバイスを繰り出す。「世間がゴチャゴチャするから、お前は(それを利用して)『この報道があったせいで37位だった』みたいな理論のすり替えをすればいい」とズバリ。

「本当はシンプルに37位なのよ。ただ、『報道でごちゃついた結果37位だった』みたいな顔しとけ」と、いかにも実用性の高そうな提案をしたのだった。

これを聞いた中井は、「先輩をお手本に、強く生きていこうと思います」と決意を新たにしていた。


■本編企画でも中井をいじり倒す大悟

続いて行われた「青春ホームルーム」企画は、視聴者からの悩み相談にクラス全員で意見を出し合い、解決へと導いていく討論コーナー。

「受験と恋愛のどちらを取るかで悩んでいる」という視聴者投稿に対し、「受験」派と「恋愛」派に分かれて議論を交わしていく。

中井は「受験」、大悟は「恋愛」をチョイス。すると大悟は両手で手招きしながら、「中井、こっちこっちー!」と呼びかける。中井は目線を大悟に合わせず、苦笑いの表情で頑として動こうとはしなかった。

さらに「なぜ受験を選ぶべきか」について中井が熱弁を振るい始めると、突如として大悟が軽妙なステップを踏みながら「今日はどこに帰るの〜」と茶々を入れる。

このように、終始中井をいじり続けた千鳥(とくに大悟)。普段あまり見せないおちゃらけキャラを作ってまで中井をいじろうとする姿に、愛情さえ感じられるオンエアとなった。

予定通りなら21日の放送にはバカリズム先生が登場する。升野英知という男が中井りかという素材を今どのようにいじるのか、期待に胸を膨らませて待とう。

・合わせて読みたい→NEWS手越、替え歌で「嵐の口パク」を批判 嵐ファンがブチギレの地獄絵図に

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ