しらべぇ

大阪地震、生徒のスマホを没収する教師が続出 「命より校則」に疑問相次ぐ

親からの心配の電話で没収されるケースも。大阪北部地震で、学校の「スマホ対応」の問題点が浮き彫りになりつつある。

社会

他人のスマホ

(©ぱくたそ)

当サイトでも断続的にお伝えしている、18日に発生した大阪北部地震。登校中にブロック塀の下敷きになった9歳女児ら5名がすでに亡くなっており、余震にも警戒が向けられている。

そんななか、連絡用にスマホ、携帯電話を学校に持ち込んだ生徒が、教師にそれを没収される出来事が相次いでいるようだ。

 

■親からの安全確認の電話で没収に

たとえば、奈良県にある有名私立進学校の生徒は、以下のようにツイートし、学校外で見回り中の体育教師にスマホを没収されたことを告白。事情を説明するも…

「地震が昨日あったから親に持ってけ言われてる言うたら、学校に規則に反するって言われたから、非常時の親との連絡とか自分の命より、ルールが大事ですか? って反論しても学校のルールや言われて終わりました」

 

と、受け入れてもらえなかったよう。

また、親から来た安全確認の電話が原因で、スマホを没収されてしまった人も少なくないようだ。

大きな地震が起きた際に気になるのは、家族や親しい友人の安否。しかし、校則が厳しい学校の生徒はそれができないらしい。

 

■地震速報を受け取らないように設定するケースも

また、スマホの持ち込み自体は容認されていても、音が鳴った時点で問答無益で没収されてしまうケースもあるようで、その結果、「緊急地震速報が鳴らないようにしている」人や、「電源そのものを切っている」人も多くいるようだ。

緊急地震速報は、大きな地震が来ることを前もって伝えることで、被害を防ぐのが目的だ。ゆえに鳴らないとなんの意味もなく、また今後さらに大きな地震(本震)が来る可能性もあることを考えると、こんなときくらい柔軟に対応してもいいのでは…? とも思えるのだが。

 

■「校則」そのものの改革を求める声

もっとも、スマホを没収した教師を責め立てるのも、この問題の本質からズレるだろう。彼らはあくまで自分の職務を遂行しただけであり、改善していくべきは校則そのものなのだ。

ツイッター上でも、今回の地震を機に校則の変革を求める声が相次いでいる。

 

■「校則に意味はなかった」が3分の2

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,500名を対象に「校則」について調査したところ、65.7%の人が「学生時代の校則には意味がなかった」と回答している。

 

校則が生徒を守るものであるなら、大きな地震のときのことも前もって考えておくべきだろう。この国で生きる上で、それは避けられることではない。

・合わせて読みたい→大阪地震で「スマホ没収」の名門進学校 闇実態に「時代錯誤」と卒業生も嘆き

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年10月17日〜2014年10月21日
対象:全国20代〜60代の男女1,500名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu