ものまね四天王が26年ぶり集結&健在アピール 藤田ニコル「こんなに笑ったの久々」

20日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』にものまね四天王が出演。不仲説の真相を語り、26年ぶりとなるテレビ共演でものまねショーも披露した。

ものまね四天王
(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ)

20日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ・関西テレビ系)に、コロッケ、清水アキラ、ビジー・フォー(グッチ裕三&モト冬樹)、栗田貫一の「ものまね四天王」が出演した。

4組のテレビでの共演はじつに26年ぶり。MCの梅沢富美男が、まことしやかにささやかれる不仲説の真相に迫った。

 

■四天王は本当に不仲だった?

1980〜90年代に30%を超える視聴率を連発していたモンスター番組『ものまね王座決定戦』(フジテレビ系)で、人気の中核を担っていたのがものまね四天王。ものまねブームの火付け役となった。

伝説的な4組が一堂に会したスタジオで、梅沢が早速ズバッと斬り込む。「本当に仲が悪かったんですか?」と単刀直入に尋ねると、グッチが「今もとっても不愉快です」と答え、一同を笑わせる。

梅沢富美男のズバッと聞きます!
(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ)

当時、楽屋などではほとんど一緒にいることはなかったのだそう。トーナメント方式で勝敗を競う番組だったこともあり、清水は「対戦相手が決まったら、もうお互い話はしないですよね」と明かした。

さらに栗田へ「苦手な人はいたの?」と突っ込んでいくと、「みんな大先輩なんですけど、コロッケは人のレパートリーをすぐ盗む」とクレーム。しかしグッチから「クリカン、俺コロッケから同じこと聞いたぞ」と横やりが。

グッチは続けて「クリカンはちょっと生意気だった。プロデューサーから嫌われていたんです」と裏事情を暴露すると、栗田は「それ知らなかったな」と苦笑いを見せた。

 

■コロッケ「何をやってもウケるのが怖かった」

結局のところ仲がいいのか悪いのか、ひょうひょうとしたトークでかわしていく5人。梅沢はここでトークの舵を切り、コロッケが『ものまね王座』を降板した理由についてスバッと聞いた。

「一番の理由は、何をやってもウケたことです」とコロッケ。「ぬるま湯に漬かっているような状態で、新しいことをやりたかったから降板した」と、ブームならではの熱狂に違和感があったと語った。

コロッケ
(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ)

当時グッチから引き留める電話があったというが、コロッケの決心は固かった。「なんで相談しなかったの?」との梅沢の問いには「仲良くなかったからね」と笑い飛ばすも、「相談したら気が変わるから」と本音も明かした。

看板芸人を失った番組は大変だったそうで、残された清水は「顔面にセロハンテープを貼りまくった」と迷走。グッチは「もうコロッケの時代じゃないからメンチカツ売ってみたり」と自身の起こした「ステマ騒動」を蒸し返す。

モトから「お前、やめろよ! さっきから!」と強めにツッコミが入ると、スタジオゲストの小峠英二(バイきんぐ)は思わず「めちゃくちゃ仲いいじゃないですか!」とあきれ顔を見せた。

小峠英二、藤田ニコル、コロッケ
(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ)

次ページ
■全盛期の映像には淡谷先生の姿も

この記事の画像(7枚)

あなたにオススメ