防衛大学校の下級生いびりに驚愕 風俗強制、体毛燃やしに「攻撃的すぎる」

調査時、4年生の半数が「体毛に火をつける」「カップ麺をお湯なしで食べる」「風俗店に行って撮影」を後輩にさせていたという。

燃え盛る炎
(©ぱくたそ)

体育会系ならではの上下関係が、ときに大きな問題を生むのは、日大アメフト部の一件以降、誰もが認めるところだろう。

そんななか、自衛官を養成する防衛大学校にて「4年生の過半数に下級生いびり」の経験があることが判明。ネット上で大きな話題になっている。

 

■「体毛燃やし」「風俗店で撮影」など

ハフポスト」によるとアンケートは2014年8月、当時の在校生約1800人を対象に行なわれたもの。当時の4年生の57%に、「粗相ポイント制」という名の激しい「下級生いびり」の経験があったという。

気になるその実態だが、下級生が不手際をした際にポイントが加算され、それを「体毛に火をつける」「カップ麺をお湯なしで食べる」「風俗店に行って撮影」などの行動で精算していくというものだ。

なお、防衛大学校では元学生の男性(23)が在校時に上級生らから暴行されたとして、当時の上級生らと国に損害賠償を求めて福岡地裁に提訴している。

 

■「レベル低すぎ」「犯罪じゃないの」

いびりと呼ぶには過激なこれらの行為に、ツイッター上では呆れの声が続出。

体毛に火をつけるとか、レベル低すぎ。ヤンキー文化ですか

 

・風俗店で撮影をさせるとかそれ自体が犯罪ちゃうん?

 

・防衛大って、ひどい大学だね。4年生の過半数がいびりをしてるのなら、全学年なら凄まじい数…

 

・こんな人たちが国を守るようになるってすごい話だな

 

・風俗嬢撮るってこと? いい迷惑だな

 

・防衛大なのに攻撃的だな

次ページ
■「体毛(陰毛)燃やし」は周知の事実?

あなたにオススメ