格が違いすぎた… 北海道最強うに丼店『田村岩太郎商店』に感動

究極のウニ丼を食べたいならココ! 田村岩太郎商店

6月から8月終わりにかけて、北海道の多くの地域でうに漁が行われている。7月から北海道旅行の値段は上がるため、6月は安価に旅行をしつつ、美味しいうにを楽しみたい旅行者でいっぱいだ。

 

■積丹の名店『田村岩太郎商店』

そんなウニトラベラーたちに人気なのが、札幌から小樽を経由し車で2時間弱、うにの漁場として知られる積丹半島。

積丹にはうに丼の店がたくさんあり、その中でもとくに人気なのが、美国地区にある『田村岩太郎商店』である。

 

■1杯8,000円のうに丼も

田村岩太郎商店は朝どれのうにをぜいたくに盛ることができる『朝うにぶっかけ丼』が有名だが、うに漁があったとき限定メニューのためなかなかお目にかかることはできない。

だが、通常のうに丼も素晴らしく美味しく、積丹で獲れた大粒のうにを厳選してのせた『海美王(白)』時価3,900円は、北海道のウニ丼の中でも随一の味。

ちなみに、横の『海美王(赤)』は、記者が訪れた日のお値段は8,000円と、ちょっといい寿司屋でひと通り握ってもらったくらいの価格。記者はまだ食べたことがないが、天にも昇るウマさなのだろう。

次ページ
■究極のうに丼『海美王』

あなたにオススメ