しらべぇ

格が違いすぎた… 北海道最強うに丼店『田村岩太郎商店』に感動

究極のウニ丼を食べたいならココ! 田村岩太郎商店

グルメ 地域

6月から8月終わりにかけて、北海道の多くの地域でうに漁が行われている。7月から北海道旅行の値段は上がるため、6月は安価に旅行をしつつ、美味しいうにを楽しみたい旅行者でいっぱいだ。

 

■積丹の名店『田村岩太郎商店』

そんなウニトラベラーたちに人気なのが、札幌から小樽を経由し車で2時間弱、うにの漁場として知られる積丹半島。

積丹にはうに丼の店がたくさんあり、その中でもとくに人気なのが、美国地区にある『田村岩太郎商店』である。

 

■1杯8,000円のうに丼も

田村岩太郎商店は朝どれのうにをぜいたくに盛ることができる『朝うにぶっかけ丼』が有名だが、うに漁があったとき限定メニューのためなかなかお目にかかることはできない。

だが、通常のうに丼も素晴らしく美味しく、積丹で獲れた大粒のうにを厳選してのせた『海美王(白)』時価3,900円は、北海道のウニ丼の中でも随一の味。

ちなみに、横の『海美王(赤)』は、記者が訪れた日のお値段は8,000円と、ちょっといい寿司屋でひと通り握ってもらったくらいの価格。記者はまだ食べたことがないが、天にも昇るウマさなのだろう。

 

■究極のうに丼『海美王』

注文した『海美王(白)』は、大きめの升にのせられて登場する。

気になるうにの味は苦味が一切なく、甘くとろけつつもしつこくないフレッシュな美味しさ。ほんのりとした磯の香りも楽しめる、まさに至極の一杯である。

 

■うに丼以外も絶品ばかり

また、田村岩太郎商店ではうに丼以外の丼メニューも素晴らしく美味しいものばかり。こちらの『海鮮前浜ヤン衆丼』は、小女子とうに、真蛸や甘えびがたっぷりのった、見た目も豪華な丼ぶり。

うにだけたくさん食べたい人はうに丼を食べるべきだが、積丹の美味しい海産物をなるべく多く楽しみたい人はコチラがおススメ。

 

■お店のFacebookページをフォローしよう

ちなみに、田村岩太郎商店は休日には相当混みあう場合があるため、行くなら平日がいいだろう。また、お店のFacebookページでは朝うにぶっかけ丼の開催についても告知していることがあるため、Facebookユーザーはフォローしておこう。

札幌の市場でうに丼を食べるなら、絶対に車で2時間かけて積丹に行くべきだと確信してしまうぐらい激ウマな『田村岩太郎商店』。北海道でうにを食べるなら必ず行くべし!

 

【田村岩太郎商店】

住所:北海道積丹郡積丹町美国町船澗132-1

・合わせて読みたい→コスパ最強のうに丼は青森県にあり! 外ヶ浜町の名店『旅路』を直撃

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu