小型犬は室内だけでいいの? 愛犬を散歩に連れていくべき理由とは

犬だって、たまにはリフレッシュがしたいものだ。

ライフ

2018/06/24 21:00

(damedeeso/iStock/Thinkstock)

リードにつながれた犬が飼い主と散歩をしている姿は、朝や夕暮れ時によく見る光景だ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の犬を飼っている男女197名に「散歩について」の調査を実施。

「犬はあまり散歩に連れていかないほうだ」と答えた人は全体で38.1%と、意外と高い結果になっている。どのような理由から、犬を散歩させないのだろうか。



 

■小型犬は室内で十分との意見もあるが…

年代別では、20代から30代に多くなっている。

犬の散歩グラフ

この世代は、小型犬を飼う人が多いのかも。

「小型犬は室内の運動で十分だと聞いたので、定期的な散歩はしていない。たまに気が向いたときにだけ、外に連れて行くくらい」(30代・男性)


関連記事:浜崎あゆみ、大阪のファンに応援メッセージ 「盛っていない」年相応の装いが大人っぽい

 

■リフレッシュや社会性を養うために

運動量だけを考えれば、確かに小型犬は室内でも十分だ。しかし犬たちも、リフレッシュがしたいのである。

「人間だってずっと家に閉じこもっていれば、ストレスが溜まるもの。犬も気分転換に、外で遊びたいはず。うちの子はいつも、散歩に行くってなると大喜びしている」(40代・女性)


また散歩には、社会性を養う目的もある。

「家にばかりいても、他のワンちゃんとは遊べない。夕方頃の公園はたくさんのワンちゃんが散歩に来ているので、その子たちと会うのが嬉しいみたい。


飼い主さんたちとの交流もあるから、私も楽しんでいる」(30代・女性)


■飼い主も楽しい

散歩が楽しいのは、犬だけではない。

「どちらかというと、私が一緒に散歩したい気持ちが強い。一緒に出かけるのは楽しいし、知らない人から『かわいい』と声をかけられると嬉しいから」(20代・女性)


ダイエットのパートナーとして、貢献している犬も。

「健康診断で体重の増加を指摘されてから、できるだけ自分が散歩に連れて行くようにしている。ただのウォーキングならたぶん続いていないから、犬を飼っていてよかったと思う」(40代・男性)


愛犬と飼い主、お互いに楽しめるのが散歩の魅力のようだ。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の犬を飼っている男女197名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)