ゆいP、森三中・大島にパンツ脱がされ… 放送事故に隠された「機転」に称賛

「温泉同好会」を「相撲部」へと遷移させたゆいP。親方・大島との泥仕合に隠された「深イイ話」に、反響続出

エンタメ

2018/06/25 11:30

ゆいP
(画像はおかずクラブ公式Instagramのスクリーンショット)

「世界の秘湯を巡る」企画としてスタートした、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の「温泉同好会」。

しかし、いつしか「温泉」とは名ばかりで、森三中を筆頭とする女性芸人たちが、体当たりロケに挑む企画に。そんな同企画の100回目の放送を記念して、24日には数々の名場面がプレイバックされた。


 

■負けたのに、パンツを脱がしてきた大島

女性芸人たちの体当たりロケの中には、「放送事故」さながらのエピソードも。

そのひとつが、恒例となっている「相撲」にて、圧倒的強さを誇るおかずクラブのゆいPに、産休から復帰した「親方」こと、森三中・大島美幸が惨敗してしまった際の出来事。

敗北し座り込んでいた大島が、突如無言のまま立ち上がり、ゆいPの腰回りをめがけて突進。「お尻が汚いから」と、黒いスパッツなどを重ね履きしていた彼女の下着を下ろし、テレビ画面にゆいPのお尻が露出してしまう。

さらにゆいPも大島のズボンを下ろし、まさに「女の泥仕合」となってしまった。


関連記事:『イッテQ』森三中ら不在の「温泉同好会」に「ひどい」 辛辣な声が相次ぐ

 

■「大島さんには本当に感謝している」

そんな名場面を振り返り、ゆいPからは「大島さんには本当に感謝しているんです」と、思わぬ感謝の言葉が。ずっと「お尻が汚い」ことがコンプレックスだった彼女は、「自分のお尻で笑いが取れた」ことで、コンプレックスを解消できたのだそう。

放送の後で両親から連絡があったことも明かし、「あなたのお尻がテレビに映ったとき、心臓がキュッとなった」と言われたという。

次ページ
■「ゆいPのお尻」に爆笑と称賛の声

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ