Hagexさん刺殺に「ネット史に残る大事件」と衝撃 事件後に匿名の犯行声明も

人気ブロガー「Hagex」こと岡本顕一郎さんが福岡県で男に殺害されたことがわかった。

(Antonprado/iStock/Thinkstock)

福岡市内の旧大名小学校跡地の起業家支援施設で24日、「Hagex」名義でネットウォッチャーとして活躍している会社員の岡本顕一郎さん(41)を刺殺したとして、警察は25日に出頭してきた無職の男(42)を殺人と銃刀法違反の容疑で逮捕した。

炎上ネタを扱う人気ブロガーが殺害されたという事実に、ネット上では悲しみの声があがっている。


 

■講演会直後に刺殺される

この施設では、24日に午後5時半から岡本さんによる「100万PVブログ達成への道」との講演会が行われていた。『朝日新聞デジタル』によれば、講演の終了したあと、施設内で待ち伏せしていた男が、トイレに入った岡本さんを刃物で複数回にわたって刺したとのこと。

また、2人は直接の面識はなかったとみられている。事件後、約3時間後に市内の交番に出頭した男は、「ネット上のやりとりで恨みがあった」などと供述しているという。


 

■「インターネット史に残る大事件」

ネット上のうわさ、話題、有名人の発言などの炎上ネタを自身のブログ『Hagex-day.info』で執筆していた岡本さん。「標的」となった相手の文章を添削したり、揚げ足をとったりとエンタメ的に楽しめるものや、ときにはタブーとも思われるネタを扱っていた。

そのジャーナリズム精神に多くのファンがいる一方、過激な発言から「いつか殺されるんじゃないか」などと心配されることも。岡本さんがとくに支持されていた『はてなブックマーク』では、報道を受けて「炎上ウォッチャーが怨みを買って刺されたとかだとマジで笑えない…」「嘘だろ。こんなことあっていいわけがない」「インターネット史に残る大事件」と驚きの声があがった。

さらに、追悼の念を込めて、さまざまなブロガーたちが岡本さんに関する記事を投稿している。

次ページ
■事件直後に匿名で書き込みも

あなたにオススメ