女性暴行容疑で大阪市の消防士長逮捕 相次ぐ不祥事にイメージ低下を心配する声も

性的な不祥事が続いている消防業界を心配するネットの声

社会

2018/06/25 16:00

25日、路上で声を掛けた女性に性的暴行を加えたとして、大阪市の消防士が逮捕されていたことがわかった。


 

■20代女性を自宅に連れ込み暴行

報道によると強制性交等致傷容疑で逮捕されたのは、大阪市消防局天王寺消防署に所属する27歳の消防士長とのこと。

6日深夜から7日未明に、面識のない20代の女性に声をかけ、自宅に連れ込んだ上で暴行し1週間のケガをさせた疑い。同容疑者は、

「おおむね間違いありません」


と容疑を認める供述をしている。


 

■相次ぐ大阪市の消防士の不祥事

今回の逮捕を受けて、大阪市消防局は、

「厳正に対処し、服務規律の確保を徹底する」


とのコメントを出している。なお、今年の5月15日にも大阪市消防局の消防士の男性(23)が、路上に止めた車の中で下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いで逮捕された。

さらに、しらべぇ既報のとおり2016年7月6日には、やはり大阪市の消防士が路上で女子高生の胸を触ったとして、強制わいせつ容疑で逮捕されている。

次ページ
■「真面目な消防士」を心配する声も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ