グラビアアイドルはなぜ脱ぐのか? 「撮られる快感」について元アイドルが激白

現場にいたからこそ分かる「グラドルの本音」とは

スタジオ撮影
(demaerre/iStock/Thinkstock)

こんにちは、元アイドルでコラムニストの小川満鈴(おがわみな)です。

グラビアアイドルは、普通の人が着るよりも露出面積の高い水着を着たり、ある時は着なかったりという姿で撮影をしています。

通常の女性の感覚だとそれは普通ではないことで、そんな姿を多くの人に見られることは「恥ずかしい」「絶対に無理」という感覚でしょう。

ですが、グラビアアイドルはそれが仕事なので、お金を稼ぐためにやっています。つまり、仕事ですから突き詰めて考えれば、本当に嫌ならば他の仕事を選んでいるはず。

では彼女たちは、撮影時にある種の快感を覚えているのでしょうか?

 

■シャッター音が催眠のように快感になる

最近はカメラのシャッター音がしないデジタルカメラも増えてきましたが、基本的にプロのカメラマンの使用しているカメラは、「カシャ」「コンッ」とシャッターを切る度に音がします。

モデルはこのカメラの音を聞くことによって「自分が今主役なんだ感」を感じる部分があります。

また、このシャッター音は、自らのポーズを変えていくタイミングにもなっていて、シャッター音のないカメラの撮影ではテンションやヤル気、ノリが確実にマイナスに働きます。

 

■ひとときのお姫様気分を味わえる

上手なカメラマンさんの場合、撮影しながら「かわいいですね~」「あ、それ素晴らしい!」「おおっっ!」などとわざと声を出してモデルをその気にさせてくれます。

また、各シーンの合間にはすぐにスタッフさんが飲み物を持ってきてくれたり、寒かったりする場合は上着を掛けてくれたりと、一時ながらも「あ、もしかして私って今これだけの召使いを従えるお姫様? ラララ~」となるわけです。

次ページ
■写真の仕上がりも楽しみ

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ