しらべぇ

ごはんも豚汁も食べ放題! 関東最強コスパのとんかつチェーン『とんQ』がスゴい理由

間違いなく関東最強のとんかつチェーン『とんQ』

グルメ

『和幸』や『さぼてん』など、日本には美味しいとんかつチェーンがたくさんあるが、茨城県に本店を構える『とんQ』ほど、コスパに優れた店はないだろう。

記者もつい最近とんQに初めて行ったのだが「もうとんかつ食うならとんQ以外に考えられないわ!」と思ってしまうぐらい、スゴい店だったのだ。一体、とんQのなにがスゴいのか?

 

■理由①:大釜炊きのご飯と汁物が2種ずつ食べ放題

まず1つめの理由は、大釜炊きのご飯と汁物が、それぞれ2種類ずつ食べ放題という点。記者が訪れた日は、白米とわかめごはん、豚汁とあさりの味噌汁が食べ放題だった。

ただ米がいくらでも食べられるだけでなく、鬼怒川流域の良質なコシヒカリを大釜で炊いているので味は最高。ごはんと豚汁だけで3杯はいけそうなぐらいウマい。

 

■理由②:とんかつも他の揚げ物も激ウマ

ごはんが食べ放題の店はおかずがイマイチ、もしくはセットの価格が割高なことが多いが、とんQは値段も一般的で、カツの味も余裕で合格点。

たとえば期間限定で提供されているアジフライに使われるアジは、九州から旬のアジを取り寄せるだけでなく、それ専用のウスターソースまで用意するこだわり具合。

注文した『やまと豚ロース&アジフライ定食』(1,780円)は、大ぶりのアジフライ1枚と、ロースカツ1枚のセット。アジの肉厚ぶりがスゴい…。

ロースカツも高級店にはさすがに敵わないものの、全国チェーンの店より美味しい90点レベルのウマさ。これが2,000円しないのだから、お得すぎる。

 

■理由⓷:ドレッシングや添え物にもこだわる

とんQが美味しいのはごはんやカツだけでなく、キャベツにかけるドレッシングもにんじんとごまみそを用意し、それぞれ手作りしている。

漬物も3種用意されており、箸休めに最適。キュウリに白菜、大根と定番は抑えており、カツを食べた口の中をサッパリとしてくれる。

 

■理由④:従業員のレベル早見表を壁に掲載

最後のスゴい理由は、従業員のレベル早見表を壁に掲載していること。新人レベルは「元気だけがとりえ」とややキツいことを書いてるなぁ…。

と最初は思ってしまったが、コレは新人がやや接客がぎこちなくても客が嫌な気分になることを抑制してくれるため、ある意味従業員を守るためのものだと感じた。

もちろん新人でも丁寧な接客だと感じたので一切不快な気分にはならなかったが、客にも従業員にも優しい店だということがわかるものだ。

 

■近くに行ったらぜひ寄ってみよう

また、コレはたまたまかもしれないが、帰り際になんとキャベツをお土産でもらえるという嬉しいサービスも。

誰が行っても大満足できる関東イチのとんかつチェーン『とんQ』茨城・埼玉・千葉のみに店があり、東京に店舗がないのは残念だが、近くに行ったらぜひ寄っておきたいスゴイ店である。

・合わせて読みたい→(まずは10~9位)東京のうまいとんかつ屋ベスト10【マッキー牧元の世界味しらべぇ】

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(11枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu