しらべぇ

石原さとみの横で「下着の色分かる」 峯田和伸の「視聴者に近い反応」が大ウケ

「石原さとみの恋人役」に大抜擢された喜びを、全身で表現した峯田和伸。包み隠さず過激な発言も飛び出してしまう

エンタメ

石原さとみ・峯田和伸

(画像は日テレ公式@宣伝部Twitterのスクリーンショット)

7月期の日本テレビ系水曜ドラマ『高嶺の花』で主演を務める石原さとみ(31)と、恋人役の銀杏BOYSのヴォーカル・峯田和伸(40)が、25日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。

石原を目の前にして、独特な反応を示した峯田に多くの反響が寄せられている。

 

■「石原さとみの恋人役」に大歓喜

峯田は、「石原の恋人役」を務める心境について問われると、ガッツポーズを決めた後…

「一方的に(石原さんを)眺めてはいましたよ、ブラウン管で。まさかこんな直で見られるなんて…」

 

と、興奮気味に激しい身振り手振りを交えて喜びを表現。しかし、「恋人の設定だけど、(石原が)ドン引きしてんじゃん!」と突っ込まれてしまう。

さらに、ドラマの中で「(石原さんを)触ったりとかは?」と問われると、「あります、あります!」と即答。「4話! 4話ね! …4話がスゴイんですよ」と、『高嶺の花』第4話で、石原と峯田が触れ合うシーンがあることを示唆。

スタジオからは「言っちゃダメ」とのツッコミが相次ぎ、笑いに包まれた。

 

■「視聴者に近い反応」が大ウケ

石原の恋人役に抜擢されたことに、素直な喜びを表現した峯田。そんな彼に、ファンや視聴者から多くの反響が寄せられている。

銀杏BOYSや、前身のGOING STEADYの音楽と共に青春時代を過ごしたという人たちからは、感慨深いコメントも。

 

■「女性の下着の色が見えるように」

自身の「3大事件簿」を紹介する企画で、峯田から「女性の下着の色が見えるようになった」と、衝撃のフリップが飛び出す。

これについて、峯田は…

「これ(フリップ)下着になってますけど…石原さんがいる手前『下着』なんですけど、ホントは違うんです…」

 

と切り出し、次の峯田のコメントには字幕にモザイクがかかり、発言も効果音で消される処理がなされた。いわゆる「放送禁止用語」に引っかかる過激なフレーズが飛び出したと思われる。

そんな峯田の発言に石原は絶句。しゃべくりメンバーは爆笑し「それは引くよ!」とのツッコミが。司会の上田晋也は、「オンエアしないからな!」と釘を刺した。

 

■「放送禁止用語」に視聴者騒然

放送禁止用語が飛び出した後、峯田が「女性の下着の色が見えるようになった」エピソードについては一切触れられず次の話題へと移り、上田の宣言通り「カット」されてしまったよう。

この様子に、視聴者からは「気になる~」の声が相次ぐ事態に。

「下着の色」ではなく、峯田は一体女性の何が見えるようになったのだろうか…。

そんな、芸術家肌の峯田が石原の恋人役を務める『高嶺の花』は、7月11日夜10時からスタート。「ヤバイ」と示唆していた第4話で、2人はどうなってしまうのか…今から楽しみだ。

・合わせて読みたい→石原さとみ、打ち上げの私服に騒然 「さとみの私物?」「やっぱりダサい」

(文/しらべぇ編集部・もやこ

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu